写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Githubは11月9日(米国時間)、「GitHub Enterprise 2.8 is now available with code review, project management tools, and Jupyter notebook rendering · GitHub」において、GitHub Enterprise 2.8の配信を開始したこと、および、いくつもの新機能が追加されたことを発表した。GitHub Enterpriseのユーザーはアップグレードを実施した後、こうした新機能を利用できるようになる。

GitHub Enterprise 2.8で導入される新機能はコードレビュー、プロジェクト、ジュピターノートブックなど。これら新機能はすでにGitHub.comではサービスが提供されているもので、今回GitHub Enterpriseにも同機能が導入されたことになる。

GitHub Enterpriseはオンプレミスや閉じた環境での利用が必要となるエンタープライズでの用途向けのサービス。基本的にGitHub.comとGitHub Enterpriseが提供する機能は同じ。先にGitHub.comでサービスが提供され、準備が整うとGitHub Enterpriseにも同機能が提供されるという仕組みになっている。

GitHub Enterprise 2.8で登場する新機能はいずれも開発者に人気の高い機能で、多くの開発者が望んできた機能がGitHub Enterpriseでも利用できるようになったことになる。

(後藤大地)