(c)Nosh

映画『溺れるナイフ』の大ヒット御礼舞台挨拶が12日都内で行われ、女優の小松菜奈さんと俳優の菅田将暉さんが出席。小松さんは、撮影を振り返り「なんだこの野郎」という心境になっていたことを明かしました。


(c)Nosh

「平凡ポンチ」「ピース オブ ケイク」で知られる漫画家・ジョージ朝倉による同名コミックの実写映画化で、東京から遠く離れた退屈な田舎町に越してきた人気モデル・望月夏芽(小松さん)と、自由奔放な長谷川航一朗(菅田さん)の刺激的で危険な恋を描く。


(c)Nosh

本作を「10代最後の輝き」と表した小松さんは「監督と現場の中で戦っていたので、撮影中は“なんだこの野郎”と思った事も沢山あった」と当時の心境を吐露しつつ「10代にしかないエネルギーや情熱がみなぎっていて、その姿を撮影してもらえて映画にしてもらえたのは自分の中でも一生の宝物。撮影中は色々な葛藤があったけれど、それも全部輝いていたと思います」と強い思い入れを口にしていました。


(c)Nosh

一方の菅田さんは、小松さんの口元から流れるジュースを舐めとりキスする流れが“超絶ヤバいキスシーン”と話題になっていることを知ると「そこは漫画の原作通りで、監督も好きなシーンということで忠実にやっただけ。でもそれが“超の絶”でよかった」と評判に納得の表情。司会者から“壁ドン”や“顎クイ”ならぬ“顔ペロ”と名付けられると「そう聞くと聞こえがいいですね。でもペロっていうかベロ〜ッですよ。だから“顔ベロ”かな」と自ら命名していました。


(c)Nosh

小松さんと菅田さんは、今春公開されたバイオレンス映画『ディストラクション・ベイビーズ』でも共演。

次回3度目の共演は「バイオレンス系が続いているので、ハッピーなものをやりたい」と菅田さんが言うと、小松さんは「恥ずかしくて無理!」とすぐ却下し「手加減しないで出来るので、暗い話の方がやりやすい。信頼できているのでその方が燃える」と理由を説明。すかさず菅田さんが「じゃあ舞台は?」と提案すると、小松さんはこちらも即答で「あーそれは嫌だ」と拒絶し、笑わせました。

【関連記事】

※ 妻夫木聡、殺意を覚えた出来事を告白「刑に…」

※ 青木崇高のホッとする時間は「家に帰ってごはんを食べるときです」

※ 1月期TBS日曜劇場の主演は木村拓哉!職人外科医に挑む

※ 高梨臨にインタビュー!共演・斎藤工の印象は「年上感がない」「真蛸」!?

※ 菅田将暉、小松菜奈の顔面に唾を吐き…「今思えばハードなことをした」