森山直太朗 おぎやはぎ・小木博明に紹介された女芸人「本当に魅力的な人ですよ」

写真拡大

13日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で、森山直太朗が、おぎやはぎ・小木博明から女性芸人を紹介された過去を明かした。

番組では、今年40歳の森山がゲストとして登場し、歌手活動から私生活まで様々なトークを繰り広げた。この中で、同い年のアンガールズ・田中卓志がビデオメッセージを寄せ、過去に見た森山の彼女は「キレイな人」が多かったとし、「顔で選びすぎなんじゃないかな」と森山の未婚の原因を指摘したのだ。

この話の流れで森山は、義兄である小木が森山を心配して女性を紹介してくれたと明かす。そして初めて紹介されたのは、大久保佳代子だったとか。これにはスタジオからは苦笑にも似た笑いが起き、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也も「それはお断りだよね!」とツッコんだのだった。

そして森山は、当時の様子について「ちょっと酔ったりすると乙女」というギャップがあり、おもしろそうだと思ったそうだ。だが、森山がいろいろ質問すると、大久保は「私、そんな軽い女じゃないから」「あたし、そんなキャピキャピしてないから」という雰囲気を醸し出してきたらしい。

その後、大久保は急に立ち上がって真冬のベランダに消えていったそうだ。森山が後から聞いたところでは、どうやら大久保はベランダで森山を待っていたらしく、「今チャンスだよ、私を落とすんだったら」と思っていたようだと説明した。だが、森山は大久保を追わなかったとのこと。

そして最後に森山は、そういうことも含めて、大久保を「本当に魅力的な人ですよ」と話を締めくくっていた。

【関連記事】
小木博明のスキャンダルを妻が予期していた? 義弟の森山直太朗が明かす
森山直太朗が義理の兄・小木博明への怒りを告白
森山直太朗 楽曲「生きてることが辛いなら」 を巡る「自殺助長」騒動を語る