13日、鳳凰網は、スペインの名門サッカークラブ「FCバルセロナ」のユニフォーム・スポンサーに、中国EC最大手アリババグループが内定したと報じた。日本の楽天、米国のアマゾンがうわさされてきたが、ダークホースが浮上したという。

写真拡大

2016年11月13日、鳳凰網は、スペインの名門サッカークラブ「FCバルセロナ」のユニフォーム・スポンサーに、中国EC最大手アリババグループが内定したと報じた。

名門「FCバルセロナ」を悩ませているのがユニフォームの胸スポンサー問題だ。カタール航空との契約が1年限定で延長されたが、来年夏までに新スポンサーを見つける必要がある。日本の楽天、米国のアマゾンなどがうわさされてきたが、地元スポーツ紙ムンド・デポルティーボは中国のダークホースが内定したと報じている。

そのダークホースとは中国EC最大手のアリババグループだ。「独身の日」と呼ばれる11月11日にはわずか24時間で1207億元(約1兆8000億円)を売り上げた怪物企業だけに資金力は十分。バルセロナにとっては心強い後ろ盾と言えそうだ。ムンド・デポルティーボは来週にも正式発表されると伝えている。(翻訳・編集/増田聡太郎)