(c)Nosh

衝撃的コミックの実写映画化作品『ミュージアム』の初日舞台挨拶が12日都内で行われ、主演の小栗旬さん、妻夫木聡さん、野村周平さん、尾野真千子さんが出席。小栗さんは、客席の女性から気を使われてしまい「逆に傷つく!」とショックを受けていました。

漫画家・巴亮介氏によるコミックの実写映画化で、カエルのマスクをかぶった猟奇殺人鬼(妻夫木さん)と、それを追う沢村刑事(小栗さん)の死闘をスタイリッシュに描きます。


(c)Nosh

ハードなシーン連続の撮影を妻夫木さんは「マスクをかぶると視界が全然見えなくて、セットの廊下が続いていると思ってダッシュしていったら廊下がなくてカメラに突っ込んでお尻を強打しました」と回想。

その痛みは「子供の頃にスネをぶつけて“ウッ!”って声が出なくなる時と同じくらい痛かった」と報告するも「周りのスタッフは“大丈夫か〜”みたいに僕のことを笑っていて“この人たち何かの刑にしてやろう!”と殺意を覚えました」とぶっちゃけていました。


(c)Nosh

また尾野さんは、筋肉痛時にケースに入ったり出たりを繰り返したことを挙げて「このドS監督(大友啓史監督)を、何かの刑にしてやろうかと思った」とニヤリ。

そんな中で野村さんは「ワイヤーで吊られたのも初めての経験で、何も文句は出ません。大友監督には感謝しかない。皆さんのように“刑にしてやろう”なんて思いませんよ?」と優等生ぶりで大友監督に媚びを売っていました。


(c)Nosh

またこの日は“キャスト全員と握手できる刑”の抽選も実施。運よく選ばれた一般女性は「誰のファン?」と聞かれると「小栗…」と言いかけて「野村周平さん」と訂正。

これに小栗さんは「なんで今気を使ったの?逆に傷ついたよ」とショックを隠せず、握手が野村さんの番になると「来たよ、来たよ、周平だよ〜」とあおっていました。

【関連記事】

※ 小栗旬&妻夫木聡、過酷な撮影現場を振り返る

※ 青木崇高のホッとする時間は「家に帰ってごはんを食べるときです

※ 小松菜奈、菅田将暉には「手加減されたくないと思った」、では重岡大毅は!?

※ 中村アン、美背中を披露♡ラプンツェル風ドレスでXmasツリー点灯

※ 本郷奏多が語るプライベート、好きな人は「残念ながら、いない」