超大国アメリカを支える思想「プラグマティズム」入門

写真拡大

アメリカ発祥の哲学「プラグマティズム」。世界一の大国を牽引する政治家や起業家の多くに影響を与えているといわれる。アメリカ人の根底に流れる思想とは一体何なのか。気鋭の哲学者に解説をお願いした。

■米大統領選にも影響を与えた思想

終盤はスキャンダル戦と化したアメリカ大統領選にも、ようやく決着がついた。民主党陣営では、最後はバラク・オバマも積極的に応援演説に立ち、「アメリカを前進させる候補はヒラリー・クリントンしかいない」と支持を呼びかけていた。

『希望の思想 プラグマティズム入門』の著者で、現在は聖学院大学で哲学を教える大賀祐樹氏はそれを、「オバマにとっては、自らの行動原理の背景にある思想の継承者を決める戦いでもあったのだろう」とみていたという。その思想こそがプラグマティズム。アメリカ発祥の哲学だ。

プラグマティズムは、日々世界の紛争と向き合うアメリカの政治家にも、次々とイノベーションを起こすシリコンバレーの起業家にも大きな影響を与えているといわれる。果たしてどのような哲学なのか。

第一の特徴は、「唯一の真理」の探究を放棄するという点にある。

ギリシャ哲学のプラトンに始まり、デカルトやカントなど、古代から近代にかけて哲学は「唯一、絶対的な真理」を求めてきた。しかし、プラグマティズムはヨーロッパ的な古典哲学とは一線を画す。19世紀後半のアメリカでそうした哲学が生まれてきたのは、「時代性がある」と大賀氏は解説する。

「19世紀後半から科学が発達し、資本主義も広がっていきます。それに応じて社会に多様性が生まれた。加えて宗教でもカトリックだけでなくプロテスタントも出てきて、真理が一つだといい切るのは無理があるのではないかと人々が感じ始めてきたのです」

■「儲け第一主義」ではない

そんな時代に現れたドイツ人哲学者ニーチェの「神は死んだ」は、象徴的な言葉だ。唯一の真理を探究する従来の哲学を、真っ向から批判している。

それと同時期に、アメリカではチャールズ・パースが初めて、プラグマティズムを発表する。

「パースは、『概念』が実際にどのような効果を生み出すのかを問えば『真理』の意味がわかる、と提唱しました。たとえば、『硬い』という概念は何かを抽象的に考えていたのが従来の哲学だとすると、パースは『硬いというのは、何かにぶつけても壊れないということ』というように、どのような効果が生み出されるかを考えれば、概念の意味が明晰になると説明したのです」

こうしてパースが生み出したプラグマティズムだが、本人の知名度が低かったため、すぐにはこの思想は広がらなかった。ようやくアメリカ国内で知られるようになったのは、それから10〜20年後。パースの個人的な研究会に顔を出していたウィリアム・ジェームズが大きな役割を果たす。

「ジェームズはハーバード大学の教授で、世界的にも有名な学者でした。アメリカ各地で講演をするときに、パースのプラグマティズムを紹介して回ります。さらに、ジェームズの教え子たちを通して思想は受け継がれ、20世紀前半のアメリカの社会・政治・文化に影響を与えました」

こうして絶対真理を求めない哲学がアメリカでも知られるところとなるのだが、その後プラグマティズムはあいまいな哲学だと批判され、いったんは廃れる。再び頭を持ち上げてくるのが1950〜60年代。

「分析哲学の大物、W・V・O・クワインが、真理とは『うまく説明できること』だと論じました。クワインによってプラグマティズムは再び脚光を浴びることになったのです」

分析哲学は、唯一の真理を探究するために論理を積み上げていく学問だ。

「さらに70年代、80年代には、リチャード・ローティがニーチェやハイデガーなどのヨーロッパ哲学を分析し、唯一の真理探究を否定している点でアメリカの哲学と似ていて、結局どちらも同じところを目指しているのだというネオ・プラグマティズムを提唱します」

現在、哲学界におけるプラグマティズムと真理探究の哲学との勢力は、拮抗していると大賀氏はいう。

プラグマティズムを「うまくいけばほかのことは犠牲にしてもいい」という、ある意味、儲け第一主義だと捉える人もいるが、大賀氏は「哲学のプラグマティズムは少し違う」という。

プラグマティズムは、科学には科学の基準があり、宗教には宗教の基準があるというように、多元的な捉え方を主張している。

また、多元的な真理を許容することとともに、大事なのが民主主義的で他者との協力を大切にするという点。これがプラグマティズムの第二の特徴だ。

「ジェームズの後に出てくるジョン・デューイは、真理探究には民主主義的な態度が必要になると強調しています。仮説を検証するためには一人ではなく、複数の人が正しいと考えなければなりません。仲間を対等に扱い、自分とは違う考え方を尊重する姿勢が欠かせないのです」

唯一の真理は存在しない。その真理を見つけるためには民主主義的プロセスが必要になる。デューイは、プラグマティズムという思想が生まれる以前から存在していたアメリカ人の文化や生き方の中に、プラグマティズム的なものを見出したのだ。

■ジョブズが重んじたシェアの精神

オバマが大学で学んでいた80年代は、彼が専攻する法学や政治学にプラグマティズムが最も影響を与えた時代だった。その後、「ハーバード・ロー・レビュー」の編集長に就いたときや、シカゴ大学ロー・スクールの教員時代には、同僚と共にプラグマティズムの思想にふれているという。

たとえば09年のノーベル平和賞受賞の演説の中で、「我々は誤りに陥る。間違いを犯し、自尊心、権力、ときには邪悪の誘惑に屈する。最も善意を持った人々も、目の前の悪をただすことができないときはある」と述べたのがそうだ。また今年、アメリカの大統領として初めて広島を訪れたときは、核兵器のない世界を理想に掲げながらも、「私が生きているうちにこの目標は実現できないかもしれない」とスピーチしたことにもプラグマティズムを感じるという。

「自分が正しいとは絶対にいわず、相手の立場も考えながら理想に一歩一歩近づこうとしています。デューイは、二項対立はお互いに影響を受け合うといっています。オバマの、対立軸よりも融和を重んじるスタイルはプラグマティズムそのものなのです。ただし、それゆえ弱腰と批判され、トランプ陣営に攻撃される材料となりましたが……」

さらに大賀氏はこう続ける。

「オバマが融和政策を進め、希望を訴えた姿勢の背景には、絶対的な正しさ(唯一の真理)への懐疑があります。多元的な正しさを認め、それらの連帯を訴える姿勢もプラグマティズムに通じます」

プラグマティズムはスティーブ・ジョブズなどシリコンバレーの起業家たちにも浸透しているといわれる。

「一番驚いたのはiPodを発売したとき、音楽をコピーして聴こうという考え方でした。自分の権利を頑なに守るのではなく、みんなでシェアしようという柔軟な姿勢に、プラグマティズムの世界観を感じます」

大勢で共有し、よいサービスにしていこうという民主主義的な思考プロセスが表出しているという。

「05年にスタンフォード大学の卒業式で行った有名なスピーチの中で、失敗が結果的にはよかったと話しています」

自分の経験を活かしながらよりよいものにし、成功につなげていくような生き方、考え方は、「いま」を重視し、仮説を立て検証し、間違っていたら仮説を修正していくプラグマティズムの思想と重なってくる。

「アメリカという国は先住民がいたとはいえ、ヨーロッパやアジアから人々が集まり、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら開拓していった国です。もともと、プラグマティズムの思想を受け入れやすい土壌があるのでしょう」と、歴史的な源泉があるとも大賀氏はいう。

■SEALDsもプラグマティズム

ひるがえって日本はどうか。日本も北東アジアや南方の諸島から人々が集まり、入り交じった国だといわれる。ならばアメリカのように人種のるつぼ的な土壌はありそうだ。しかし、大賀氏は「穢(けが)れを清める文化がプラグマティズムと相反する」と難点を挙げる。

「いわゆる禊(みそぎ)です。交ざり合っているものを純化する精神が多様化をはばみ、排外的になりやすいのです」

会社では一度ミスをすると出世の可能性が消えてしまうこともあるし、異性とのスキャンダルも命取り。このような精神文化は、失敗すればするほど経験を積んだことになると評価するシリコンバレーとは真逆だ。

だが、ちょっと違う動きも出てきたと大賀氏は見ている。

「たとえばSEALDs(シールズ)の運動です。昔なら、ああいう活動はマルクス主義を思想の根拠とし、国家をひっくり返すくらいの勢いだったでしょう。でも、シールズは革命を起こすという意識はなく、特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などの一つ一つに反対しています。しかも役割を終えたと思った時点で潔く解散してしまう。そういうところはかなり、プラグマティズムに近い」

近年、日本社会でも外国人は増えているし、日本企業で活躍する女性も増えてきた。以前よりは多様性が高まっている。そういう時代背景の中、若い世代にはプラグマティズムの考え方が広がっている可能性はあるだろう。果たして若い日本のプラグマティストたちから、第二のジョブズが出てくる日は来るのだろうか。

----------

大賀祐樹
1980年生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学、博士(学術)。哲学(思想史)専攻。現在は聖学院大学で教鞭をとる。著書に『希望の思想 プラグマティズム入門』(筑摩書房)。

----------

(Top Communication=文 Getty Images、AFLO=写真)