映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」で“駄目男”を演じる山崎樹範

写真拡大

11月18日(金)公開の、陣内孝則が9年ぶりにメガホンを取った映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」に出演する、山崎樹範にインタビューを行った。

【写真を見る】特に練習をしていないそうだが、山崎樹範のピッチングフォームは美しい!

同作は、人生における数々の節目を舞台に、日常の悲喜こもごもを“写真”というキーワードを通して5つのエピソードで描くヒューマンコメディー。

山崎は本作の中で「見合い」と「結婚」という2つのリンクするエピソードにて、自他共に認める“駄目男”を演じている。

そんな山崎に、役どころや撮影現場でのエピソードなどについて語ってもらった。

――まず「見合い」の方の見どころからお聞かせください。

「見合い」は僕と恋人役の木南晴夏さんの2人だけの世界です。だらだらと長く付き合ってしまった2人の何でもない1日が、ささいなことから変な方に転がっていくんですけど、いつこんな瞬間がきてもおかしくない、日常の出来事だと思うんです。

木南さんと僕のカップルが、本当に長年付き合った感じでとても自然にできていたので、そこが一番の見どころだと思いました。

――山崎さんは基本的に全裸でしたが、撮影はどうでした?

生まれて初めて前張りを着けました(笑)。こういうのって誰に習うわけでもないじゃないですか。着け方はこれで合っているのかな?って思いながら…。前張りのサイズも自分で決めるわけですからね(笑)

――さすがにそこばっかりは自己申告制でしょうね(笑)。

ええ(笑)。そうしたら思ったよりすっぽり収まって、良かったなあと思いました。

――自分なりに隠れる部分は意識されていたわけですよね?

どこでどう隠すかというのは計算に入れて撮影していましたけど、まあ出ちゃったら出ちゃったで、カットされるだけなんで、あまり気にしませんでした(笑)。

僕自身は最悪前張りなしでもいいかなと思っていたくらいですから。ありのままの私を見ていただいても一向に構わないと。

――いやでも、たぶん木南さん側が嫌ですよね。

確かに、向こうサイドのNGはあるでしょうね(笑)。でも、ぶっちゃけ大丈夫だと思いますよ。僕のは本当に優しいやつですから! 暴力的なやつじゃなくて、常に優しい仕上がりになっているんで大丈夫だと思います(笑)。

――柔軟剤みたいにいわないでください。さて、今回の役は割とだらしない男というか駄目男ですが、共感できるところはありますか?(笑)

もう聞く前に笑っちゃっているじゃないですか(笑)。ええ、共感だらけですよ!

――あ、やっぱり共感できますか!

ちょっと、「やっぱり」って何ですか!(笑)

――失礼しました(笑)。以前のお話でそんなことを仰っていたかと…。

そうですね(笑)。でも、男ってああいう部分は絶対あるじゃないですか! 人前では格好をつけたりもしますけど、ふたを開けてみたらみんなあんな感じですよ。だらしないし、人に依存するし、甘えるし。

皆さんが家にいるときって絶対そうだと思うので、それをちゃんと表現している人物だと考えたら、割とリアリティーのあるキャラだと思いますね。

――確かにかなりリアルな男の生活ですよね。

そうそう。なので、今回は一切役作りをしないで臨みました。彼を演じる上で、自分が何か取り繕ったり、要素を加えたりしてはいけないんじゃないかと。このままでいこうと思いました。幸い衣装もないので、何も隠しようがないですし、取り繕いようもないので(笑)。

――まさにありのままの山崎さんが見られる作品ということですね。

ええ。そんな自分を見て「こんな男の人もかわいいね」って思ってもらえたら、われわれ男子チームの勝ちです(笑)。ある意味、男子を背負ってこの作品をやっていますから!「こんな男はサイテーだよ!」って女子に思われたら男子チームの負けです。

――男子に希望を与えているわけですね。

そうですよ。ちまたにいるほとんどのブサイクな男子の希望になればいいなと。世の中の9割9分の男子は駄目なやつだし、こんな感じのやつじゃないですか。それを女子に理解してほしいです。それこそ「結婚」の方に出てくる渡辺大くんとか、すてきな方はいらっしゃいますけど、そこだけを見るな!と言いたいですね。

――まずはここにいる男子を見ろと(笑)。

そうそう、まずはここで一回勝負しろって。その上で、上を目指すならいいですけど。じゃないと、われわれに夢がないですよ…。

――本当に愛らしいキャラクターだなと思ったのですが、掛け合いという意味ではあれ、全部台本通りですか?

台本通りです。楽しくて軽妙な会話が続かないといけないので、もし詰まりそうだったら変えるとかもあって良かったのかもしれないですけど、それをしなくていいくらい木南さんが芸達者といいますか、ナチュラルだったんです。

コンマ何秒かのズレはあったとしても、何回同じことをやっても木南さんは自然なんですよ。そこに僕は付いていくだけで良かったので、やりやすかったですね。

――事前に打ち合わせみたいなことはされたんですか?

全くしていないんです。最初にあいさつをしただけで。

――それであの空気感を出せるんですか?

ヨーイドン、で出来ちゃうんですよね。木南さんと私クラスになると!(笑)

――ですよね! 天下のお2人ですから(笑)

ははは。いや〜このインタビューやばいな。炎上するぞ(笑)。

――経験ないと思いますけど、お見合いに行ってみたいと思いますか?

いや〜ないですね。正直僕なんてまだ全然有名ではないですけど、言っても他のお仕事の方に比べたら、相手に事前に与える情報量は多いじゃないですか。いろいろ過去の恋愛の話とかも取材とか番組でしているので、ネットを調べたらすぐ出てくるんですよ。

それを受けてお見合いをするのって不利だと思うんですよね。それだったお互い知らない、ヨーイドンの方がいいでしょうから、僕らの仕事はお見合いに向いていないと思います。

――自分のもそうですし、相手の情報も少ない方がいいですか?

そうですね。どうせ分からないことだらけだし、付き合うまでの顔と付き合ってからの顔も違うじゃないですか。「飲みに行くのはOKだよって言ったじゃん!」とか(笑)。

付き合ったら急に束縛するとか、厳しくなることってあるじゃないですか。みんなそんなもんだから、付き合ってから詰めていけばいいんじゃないかな。

――今のは経験談ですか?

…経験ありですね。みんな変わりますよ。僕だって付き合う前はうそをつきます。すてきだなって思う方だからお近づきになりたいわけで、そのためには多少うそをつくし、見栄も張りますよ。

――その結果、バレちゃったと。

はい。「アウトドア大好き!」とか付き合う前は言うわけですよ。でも、いざ付き合ってみたら、本当は外に出ること自体が好きじゃないっていう(笑)。

――大胆なうそをつかれますね(笑)。

だってやっぱり付き合いたいんですもん (笑)。正直に「僕は引きこもりで全く外に出ません! 付き合ってください」って言ってもなかなか難しいですからね。

――では、そこからつながる「結婚」のエピソードの方はどうでしょうか?

正直、僕だったらあそこまで初対面の人に対して「運命だ!」とは言えないなと思いました。あんな感じでガツガツいくようなメンタルはないんですけど、それがいけるキャラクターはうらやましいなと。

そういう面を持つ人間に憧れていたところもあったので、それができたのは楽しかったですね。

――「見合い」の時期のキャラクターとの意識の違いもありましたか?

そうですね。ちょっと、一個突き抜けたというか、「見合い」の頃よりもうワンランクバカになった感じです。

――まさか靴下で野球対決をするとは思いませんでしたね。

バカでしたねえ(笑)。

――投球フォームがきれいだなと思ったんですけど、結構練習されたんですか?

われながらフォームはきれいだなと思いました! 実はあそこだけ、投げているシーンをスローモーションにして、別日にスタジオで撮ったんですよ。

カメラもスーパースローを撮れるやつに変えて。その時に、自分で言うのも変ですが、いいしなりだったんですよね。

――対戦相手役の渡辺さんともお話されましたか?

それが、主に僕のせいなんですけど、あまり中身のある話はしていないです(笑)

――ああいうタイプの男性についてはどう思われますか?

うらやましいですよ。スーパースター(の役)ですからね。でも、役に関していえば嫌いです。だって選ばれし人間でしょう? 人としては好きになれないですよね。男として圧倒的に勝てないわけですから。恐らく子供のころから、エースで4番、学校に行ったら周りの女子からもキャーキャー言われて…。

すげーバカであってほしいですけど、でもたぶんバカではないでしょうし。そうなると絶対こちら側としては好きになれないですよね。クラスのリーダーグループに入る人間ですから。僕らは日陰にいて、仲間内でそいつらの陰口ばかり言い合っている人間なんで(笑)。

【山崎樹範「木南さんは一緒にいてストレスがないんです」 へ続く。同記事は11月15日(火)朝7時掲載予定】