夜更かししていてポテトチップやアイスクリームが食べたくなることも睡眠不足と関係しています

写真拡大

食事に気をつけているのになかなか痩せない、集中力がない、疲れやすいといった方は、しっかりと「睡眠」がとれていないことが原因の1つかもしれません。

40代は特に睡眠不足、肥満につながることも

 朝の目覚めが悪い、疲れやすい、寝つきが悪い、夜中に目が覚めるといった自覚はありませんか?ひとつでも当てはまる方は、睡眠がしっかりとれていない可能性があります。睡眠不足だと、疲れやすい、集中力が切れるなどビジネスパフォーマンスの低下に繋がります。

 平成26年の国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると睡眠で充分に休養がとれていない方(*)の割合は平成21年で18.4%、平成24年で15.6%、平成26年で20.0%と年々増えており、年齢別にみると40歳代で最も高いという結果が出ています。さらに、1日の平均睡眠時間が5時間未満の方が男女ともに働き盛りの40歳代が一番多いという結果も出ています。

*「睡眠で休養が充分にとれていない方」とは、睡眠で休養が「あまりとれていない」又は「まったくとれていない」と回答した方を示します

 パフォーマンスの面でも睡眠時間が6時間以下の方は、集中力や理解力、判断力などの認知機能が低下したというデータがあります。とはいえ、9時間以上寝過ぎるのも疲労感につながりますので、毎日6〜7時間くらいを目安に睡眠をとるように心がけていきましょう。

 睡眠はパフォーマンスに関係するだけでなく、肥満にも関係します。

 アメリカの研究で「睡眠時間が少ない人ほど太りやすい」というデータもあります。その研究によると、睡眠時間が4時間以下の方は7〜9時間の方に比べて、なんと73%も肥満になりやすいそうです。

 睡眠不足の方の身体はなぜ肥満に繋がりやすいのでしょうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)