知英が「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第7話にゲスト出演する/(C)テレビ朝日

写真拡大

3話連続で視聴率20%の大台を超え、第4シリーズも“失敗しない”米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)で、11月24日(木)の第7話に知英がメインゲストとして出演することが判明。米倉と知英という、美し過ぎる女優2人が初共演を果たす。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【写真を見る】知英は尊敬する人のために献身的に尽くす美しき女性を演じる/(C)テレビ朝日

第7話で知英が演じるのは、高校生の時に患ったおたふくかぜが原因で、左耳だけ聴こえなくなった女性・七瀬由香。耳が聴こえないピアニスト・七尾貴志(武田真治)の演奏に勇気をもらったことがキッカケで、手話を猛勉強し、今では彼のアシスタントを務めている。

そんな中、由香は敬愛する七尾の耳の完治を願い、天才フリーランス外科医・未知子(米倉)に“七尾の未来”を託すのだが…。

“片方の耳が聴こえない女性”という難しい役どころに挑む知英は、この役のために手話も習得し、劇中で初披露。美しい指先をしなやかに操りながら、静かなる言葉を紡ぎ出す。

もちろん米倉との“美の共演”シーンも必見。患者の命を救うためにまい進する未知子に、尊敬する人のためにまい進する由香と、立場は違えど優しい心根がその芯にはあり、それぞれが新鮮な芝居合戦を繰り広げる。

また、物語が進むにつれ、未知子が由香の行動に違和感を覚えるなど、先の読めない展開も。息もつかせぬストーリー展開の中、知英が吹き込む新風はどんな化学反応を生み出すのか!? 

“米倉×知英の初共演”が「ドクターX」にかつてない嵐を巻き起こしてくれそうだ。そんな2人に「ドラマを見て」と言われたら、日本中の視聴者が「御意!」と言ってしまうのでは?

【知英コメント】

韓国にいた時から大好きなドラマだったので、自分があのドクターXに出るんだ!と今も夢のようです。米倉さん演じる大門未知子先生は私の憧れの女性像。そんな大門先生を前に私も登場人物として物語に参加できたことは女優冥利(みょうり)に尽きます。

今回、手話を初めて勉強したのですが、耳が聴こえない人に手や表情でメッセージを伝えることの大変さを学びました。演技と共に手話も一生懸命に取り組みましたので見ていただけたらうれしいです。

そして大門先生と、とある勝負に挑みました。そちらも楽しみにしていて下さい。