11月14日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP」で、各局のアナウンサーらが集まり、林修が問題を監修した「女子アナセンター試験」に挑戦

写真拡大

11月14日(月)夜7時から放送される「ネプリーグSP 林先生からの挑戦状!女子アナセンター試験No.1は誰だ!?」(フジテレビ系)で、フジテレビのアナウンサーやフジテレビ系列の各局のアナウンサーが集まり、林修が問題を監修した「女子アナセンター試験」に挑戦する。フジテレビからは宮司愛海アナ、鈴木唯アナが参戦。また、上田まりえ、岡副麻希、神田愛花らフリーアナウンサーも参戦する。

【写真を見る】元TBSアナ・小島慶子と元日本テレビアナ・町亞聖の同期対決には「早速、バチバチですよ!」と堀内健も興奮

1stステージ「知ってて当然!林キーワード」では、女子アナなら知ってて当たり前の、一般常識問題を出題。総勢20人の女子アナがプライドを懸け、序盤からヒートアップ。

元TBSアナ・小島慶子と元日本テレビアナ・町亞聖の同期対決には「早速、バチバチですよ!」と堀内健も興奮する。また、名倉潤の親戚(?)、“タイ国際放送”から参戦の女子アナが他の女子アナに負けじと健闘、「チョー簡単!」と勝利の雄叫びを上げる。

2ndステージは「今年のニュース原稿読みテスト」。1人1問、原稿を読みながら空欄を埋める問題に挑戦するステージ。

普段からニュース原稿を読んでいる女子アナの、“真の姿”を見た林は「皆さんが読むと本物のニュースのように聞こえる」と感激する一方、「間違えると放送事故を見ているようです…」。果たして、放送事故レベルの恥ずかしい間違いをしてしまったアナウンサーとは?

その他、3rdステージは「ニュースでよく聞くカタカナ現代用語」では、堀内と原田泰造によるコント“報道番組「ネプステーション」”から出題。

4thステージ「実は間違って使っている!?正しい日本語テスト」では、普段からよく使う日本語の意味を、正しく理解しているかを2択形式で出題。

5thステージは「出来て当然!漢字テスト」では、林が今まで出題したくても難し過ぎてスタッフに止められていたという漢字問題を一挙に出題する。

果たして、5つのステージを勝ち抜き、 “No.1女子アナウンサー”の栄冠を手にするのは?

収録を終えた名倉は「アナウンサーの“底力”、地頭の良さにびっくりしました。今回のスペシャルは本当に見る価値はあると思いますね」とアピール。また、印象に残っている女子アナについて原田は、「やっぱり小島慶子さんかな。小島さんと町(亜聖)さんとの同期対決は見どころです!」と話した。

最後に堀内は「すごい難関をくぐり抜けてアナウンサーになれた人たちの戦いなので、レベルが高くて、『さすが!』と思う部分がたくさんあると思います。ですが、全員が答えられるような問題もありますので、テレビの前で一緒に楽しんでいただければと思います」と視聴者へメッセージを送った。