ヤングなでしこ、U−20女子W杯初制覇へ好発進! ナイジェリアに6発大勝

写真拡大

 FIFA U−20女子ワールドカップ パプアニューギニア 2016グループステージ第1戦が13日に行われ、U−20日本女子代表とU−20ナイジェリア女子代表が対戦した。

 自国開催だった2012年以来3大会ぶりの出場で初優勝を狙う“ヤングなでしこ”はナイジェリア、U−20スペイン女子代表、U−20カナダ女子代表と同組。上位2チームに入れば決勝トーナメントへ駒を進めることとなる。

 日本は34分に籾木結花が待望の先制ゴールを挙げると、直後の37分には上野真実が追加点を奪い、2点のリードでハーフタイムを迎える。

 さらに後半立ち上がりの50分に籾木のこの日2ゴール目で点差を広げると、56分にはオウンゴールで4点目が決まる。止まらない日本は62分に自身2点目をマークした上野が82分にもネットを揺らしてハットトリック達成。試合はこのままタイムアップを迎え、日本が6−0の圧勝で大会白星スタートを切った。

 次戦は16日、日本はスペインと、ナイジェリアはカナダと対戦する。

【スコア】
U−20日本女子代表 6−0 U−20ナイジェリア女子代表

【得点者】
1−0 34分 籾木結花
2−0 37分 上野真実
3−0 50分 籾木結花
4−0 56分 オウンゴール
5−0 62分 上野真実
6−0 82分 上野真実