小栗旬、舞台挨拶で女性客の反応に傷つく

写真拡大

俳優の小栗旬と、「るろうに剣心」シリーズで累計興行収入125億円を叩き出した大友啓史監督がタッグを組んだ「ミュージアム」。その初日舞台挨拶が11月12日に都内で行われ、小栗、大友監督のほか、妻夫木聡、尾野真千子、野村周平の計5人が登壇した。

この日、質疑応答で「印象に残ったシーンは? 大変だったシーンは?」と聞かれると、妻夫木は「カエル男のマスクを被ったまま暗い廊下を走るシーンで、目の前にあったカメラに気付かずにぶつかって尻もちをついた時、あまりにも痛すぎて声が出なくなるほどだったんですが、スタッフの方々には何食わぬ顔で傍観され、そのときは全員を何かの刑にしてやろうかなと思いました(笑)」。

尾野は「カエル男に誘拐されるシーンで小さなクリアボックスの中に入れられるのですが、トレーニングジムに行った直後だったので全身めちゃくちゃ筋肉痛だったのに、何回もボックスに出たり入ったりさせられたのは辛かったです。監督を何かの刑にしてやりたいと思いました(笑)」。

野村は「僕は(地上11階の)ビルの屋上でクレーンに吊るされるなど大変なシーンもありましたが、楽しかったですし、ただただ監督に感謝してます」と、明らかに皮肉たっぷりに話し、会場の笑いを誘った。

ここで、猟奇殺人鬼のカエル男によって様々な「私刑」が執行されていく本作の物語に準え、観客に対して「刑」を執行するという、恐ろしすぎるスペシャルコーナーへ突入。席番号の入った抽選箱から小栗によって引き当てられた女性客が壇上に上がると、明らかに怯えた様子…果たして小栗から宣告された刑の名称は…「キャストと握手ができるの刑」。予想外の刑、というよりサプライズなファンサービスに沸く場内、小栗から「誰のファンですか?」と聞かれた女性客が「小栗さん……野村周平さん」と答えると「いま一瞬気遣って僕って言ってくれたんだよね? 逆に傷ついたよ(笑)」と苦笑いする小栗に一同大爆笑となった。

そして女性客がキャストひとりひとりと握手を交わし、最後に野村からハグされると、客席からは悶えるような悲鳴も。

続いて執行されたのは「カエルまみれの刑」。どう考えても気持ち悪そうな刑だが、実際は撮影に使用したカエル男のマスクを始めとするカエル男グッズ一式のプレゼントだった。笑顔の女性客に対し、「いいなあ〜、おれカエル男やったのにもらえなかったよ!(笑)」と、妻夫木から羨ましがられる一幕もあった。

最後に主演の小栗が「渾身の一作が出来上がりました。これから多くの方に観ていただき、愛していただけたらと思います。みなさん今日はありがとうございました!!」と締めくくると、会場からは大きな拍手。大盛況の舞台挨拶は終了となった。