サウジ戦を重要視のMF香川真司「勝ち切れたら自信になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)は、サウジアラビア戦について「勝ち切れたら自信になる」と重要視。また、同代表の印象についてディフェンスのミスが多く狙い目だと述べている。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)

──サウジアラビア代表戦に向けて

「ホームでしっかりと勝たなくてはいけない試合というのは間違いないことですけど、気持ちを改めて、自分達の力を信じてピッチに入ったら自分のプレーをいかに出していくかそれがチームに還元できると思っているのでそういうのを意識してやっていきたいですし、チームとしても勝ち切れたらすごく自信になると思うのでしっかりとやっていきたい」

──サウジアラビアの印象について

「前線の選手がキレのある選手が多いのかなという印象でディフェンスラインもフィジカルも強いと思いますけど、ラインコントロールだったり、ポゼッションからのミスとかが多いのでそこをうまく突けたらそれに越したことないですが、それを頭に入れながらホームでどういうサッカーをやっていくかが大事なので、しっかりと準備していきたい」

──ポゼッションのミスが多いということはパスを回させるということもあるのか

「そうですね。チームの狙いとしては前から行くと思うんですけど、その中で相手に持たせる時間帯もあると思いますけどそこの狙い目はチャンスになると思っているのでショートカウンターがはまればチャンスだと思います」

──最近清武選手が調子が良いが、改めて自分のどういうところで違いを出したいか

「キヨ(清武弘嗣)はキックの精度であったり、アシストできる能力が高いなと改めて感じましたし、勉強になるなと思いました。その中で自分が入った時に流動的に動いてリズムを作っていきたいとは思っています」