招集期間でより深まった自信…MF小林祐希「かなり手応えある」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)はミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。今回の招集期間でより自信が深まったことを明かした。

◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

──いよいよ本戦だが

「でも、23人しか登録できないし、上から観ることになる可能性もある。なので、わからない。一応、準備はいつも通りしておく」

──この数日間のトレーニングで手応えは感じたか

「かなり手応えはあるし、やれる自信はある」

──どの部分で自信を得たか

「プレースピードもそうだし、ボールを持ったときの判断、ゴール前に向かうプレーのイメージとか。自分にしかないものを出せるように準備しておきたい」

──サウジアラビアの印象はあるか

「テクニック、スピード、個に優れた選手が多い。そこは注意したい」

──ミーティングの内容に変化はあるか

「元を知らないので、長かろうが、短かろうが、要点だけを抑えて、自分の中で整理するということはどのチームに行っても変わらない」