オマーン戦で確かな手応えを掴んだFW齋藤学「次こそは結果を残したい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したFW齋藤学(横浜F・マリノス)は、オマーン戦で手応えを掴んだようだ。また、サウジアラビア戦では「結果を残したい」と意気込みを語った。

◆FW齋藤学(横浜F・マリノス)

──オマーン戦を振り返って

「チャンスもあったけど自分としてはもっとやれたらよかったなと思います。ただチームとしてやりたいことはやれたし、サウジアラビア戦への準備ということで今日と明日はすごく大事な日になると思うので、15日の試合に向けて気持ちも頭の中の整理もしっかりと出来たら良いなと思います」

──今回、出場できたことでメンタル面の変化はあったか

「特にはないですね。やることは変わらないので、しっかりと練習から試合の準備して、試合に出る出ないに関わらずやるべきことは変わらない。ただ、1試合出たことで、自分の中でやれる自信もありましたけど、それが確信になりましたし、もっと代表戦でピッチに立って自分がチームの中で何ができるかを見せていかなくてはいけないと思っているので、そういう意味では自信になりました。あとは結果を残したかったですけど、次こそは結果を残したいと思います」

──サウジアラビア代表の印象について

「相手の映像は最終予選の試合とか観ましたけど、前に上手い選手が多いのと内容が良くなくても失点しないで自分たちの流れが来るまで耐えることができるのがすごいなと思いました。セットプレーをもらう数が多いのは監督も言っていたので気をつけなくてはいけないし、厳しい試合になると思うので自分が出る準備をしっかりとしたいと思います」