「自分は結果を残せていない」…DF酒井高徳が世代交代促進へさらなる活躍に意欲《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したDF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)は、DF長友佑都(インテル/イタリア)が示唆した世代交代について問われると、持論を展開した。

◆DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

──調子はどうか

「コンディションは思ったよりも悪くない」

──サウジアラビアの両サイドバックは相当攻撃的なようだが

「だいだい予想と違うやり方をやってくる可能性もあり得る。それは試合が始まってから、チームとしてどう対処していくかというところが重要になる」

「向こうのやってくること、特長に関しては事前に知らされているので、それにしっかりと対応していければなと思っている」

──自身のプレーを見たDF長友佑都(インテル/イタリア)が世代交代を示唆していたが

「そうやって言ってもらえることは嬉しい。佑都くんに限らず、(DF酒井)宏樹もそうだし、今までにやってきた選手たちと切磋琢磨し合ってやってきている」

「もちろん、全試合に出たいという気持ちはあるけど、チームとしてというところが大事になってくる。その中で、どうすれば、自分が代表の試合に出られるか」

「そのためには、代表でのプレーはもちろん、所属クラブで活躍することが必要になってくる。そういったところで、自分は結果を残せていない」

「どうしても試合に出ているだけの状態になっているので、世代交代するというなったときは、自分個人の結果が必要。これからももっと成長していかなければならない」