FW大迫勇也の活躍に危機感…FW浅野拓磨「ゴールという形でチームに貢献したい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したFW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)は、オマーン代表戦での大迫の活躍に刺激を受けたようだ。また、サウジアラビアについてはディフェンスに強いイメージがないと強気な姿勢を見せた。

◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

──オマーン戦で大迫選手が2ゴールを挙げたが

「自分も負けてられないという気持ちになりましたし、ここにきて競争ができるというのは刺激になりますし、結果が残している選手が多いだけに自分も危機感を持って、まず次の試合ゴールという形でチームに貢献したいです」

──共存という可能性もあるが

「大迫(勇也)さんはボールもすごく収まりますし、なんでもできる選手だと思うので、もし一緒に出ることがあれば三人目の動きということで自分がどんどんどんどん動き出すイメージは持っていますし、それは誰と組んでも同じことだと思うので前回でも裏に抜けるシーンは作れていたと思うので誰と組んでもそういうイメージでいます」

──右サイドでプレーする機会が多くなっているが

「元々苦手な方ではなかったんですけど、サイドでボールを持った時、自分の特徴が活きるポジションの一つだと自分の中では思ってましたけど、代表で初めてやった時は緊張であったり、いろいろなものが重なってうまくできないない部分もあったと思いますけど、(代表やシュツットガルトで)経験を重ねていくうちに少なからず、自分のプレーを少しずつ出せるようになってきてるかなと思います」

──サウジアラビア代表のディフェンスの印象について

「これからもっと詳しく観ていかなくてはいけないですけど、身体能力の部分は高いと思っていますけど、後ろに対しては強いというイメージはあまり持っていないので、そこは相手の足が揃っている時や一度落ちる振りをしたりという駆け引きをやっていきたいです」