カシマで出られずも平常心…DF植田直通「しっかりと準備するだけ」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は13日、埼玉スタジアム2002で、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したDF植田直通(鹿島アントラーズ)は、自身が所属するクラブのホーム、県立カシマサッカースタジアムでの出場ができなかったことについては、悔しい気持ちを滲ませつつも、既に次の一戦に切り替えているようだ。

◆DF植田直通(鹿島アントラーズ)

──鹿島のホームで行われたオマーン戦で出場できなかったが

「気持ちを切り替えてしっかりと準備するだけだと思います」

──試合を観て感じたことは

「自分が出たらどうするかを考えていましたし、出たいなと思っていました。普段はあんなにスタジアムは人が入らないですし、ああいう中でやってみたかったなと思いました」

──サウジアラビア代表について五輪の時と似てる部分とかはあったか

「五輪の時よりも確実にレベルは上がっていると思うし、気をつけなくてはいけないことがたくさんあるんじゃないかなと思います」

──だんだん若い選手が出てきてるが

「負けてられないし、次は自分もっていう気持ちにはなります」