大迫と1トップのレギュラーを争う岡崎。2トップ採用なら、ふたりの「共存」が見られるかもしれない。小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 11月15日のサウジアラビア戦(アジア最終予選)に挑む日本代表が、同13日、さいたま市内でトレーニングを行なった。
 
 取材対応した岡崎慎司は、報道陣から2トップに関する質問を受けると、次のように見解を示した。
 
「久保や浅野、サコ(大迫)も(本田)圭佑もできると思う。それは監督が決めることなので、自分がどうとは言えないけど、もしそうなれば、みんな2トップの経験者なので、感覚的にやれると思う」
 
 オマーン戦から一夜明けた前日の練習では、攻撃側と守備側に分かれたゴール前の攻防のメニューがあった。
 
 その際、攻撃側の顔ぶれと並びは、右サイドに久保、左サイドに原口、そして岡崎と浅野が2トップを組んでいた。
 
 オマーン戦の終盤も、「みなさん最後に見られたと思いますけど、縦関係の2トップをやってみました」(ハリルホジッチ監督)という。状況によっては、サウジアラビア戦でも2トップを敷く可能性はある。
 
 ハリルジャパンの基本システムは4-3-3だ。1トップの定位置争いでは、オマーン戦で2得点を決めた大迫が一気に評価を高め、サウジ戦は岡崎がベンチスタートとなっても不思議ではないが、2トップなら大迫と岡崎の「共存」が実現するかもしれない。
 
 セカンドストライカーとしても機能する大迫と、最前線で身体を張って基準点になれる岡崎――相性は悪くないはず。ハリルホジッチ監督の采配に注目したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本 4-0 オマーン|PHOTOギャラリー】大迫や小林祐が結果を残すなど実り多きテストゲームに