みんなどうしてる?人には聞けない「アンダーヘア」のお手入れ方法

写真拡大 (全4枚)

冬になるとついついさぼりがちな脱毛ですが、友人との温泉旅行や彼氏との室内プールデートなど、実は気を抜いているとギョッとされることにもなりかねません。

最近ではアンダーヘアも処理する人が増えましたが、実際のところ、どのようにするのがよいのか悩むところですよね。そこで今回は、アンダーヘアのお手入れ方法について、エステティシャンの筆者がお教えします。

■長い目で見たら永久脱毛が一番?

“永久脱毛”は、日本でも行う人が増えている脱毛方法です。メリットは半永久的に毛が生えてこなくなること。半年〜一年のサロン通いが終わるころには、つるつるお肌になっている可能性が高いです。(脱毛の効果には個人差があります)

デメリットとしては、費用がかかる、もしくは安いサロンは申し込んだものの、予約が取れないなどのトラブルもまだ絶えません。

そして、光やレーザーでの技術を安全に行っているサロンを見極めて通わないと、火傷や皮膚の炎症が起こることもあります。皮膚科で行っているところもありますので、医師の元、施術を受けるとより安心でしょう。

■つるつる感をすぐに実感!サロンでワックス脱毛

“ブリリアントワックス”といって、こちらも近年人気が上がっている“ワックス脱毛”。ワックス脱毛はつるつる期間が通常3週間くらい続きますが、抜くときに少し痛みがあります。また、肌が弱い人は赤くなったり、皮が剥けたりするので、上手なサロンを選ぶことが大事です。

メリットは生えてくるヘアが細く、チクチクしないことや、続けることで少しずつ生えにくくなってくることです。また、短時間でスピーディに終わることも魅力です。

デメリットとしては、赤くプチプチと湿疹のようになる人や、痒みが出る人もいたりと、敏感肌の人には不向きです。また、脱毛を行っても次の日には新たなヘアがすぐに顔を出すこともあり、つるつる感が持たないこともあります。

■簡単!自宅でセルフケア

一番簡単で、お金もかからない脱毛方法は、セルフケアで“剃る”ことです。メリットは、もちろん手軽に誰でもできるということでしょう。しかし生えてくるヘアはチクチクしますし、イングローヘア(埋没毛)が増えていくことがあります。

イングローヘアは、毛が皮膚に埋まり、黒いプチプチができてしまうことです。毛の流れで剃るより、逆らって剃る方がつるつるするのでしがちですが、これがイングローヘアの要因になってしまうので気をつけましょう。

いかがでしたか? それぞれのメリット、デメリットを検討し、ご自身にあう方法を見つけてくださいね。どの方法で脱毛をしたあとも、保湿ケアは必ず行ってください。

また脱毛をした後の肌はとても敏感ですので、摩擦が起きにくいスカートを数日履いて過ごすのも、キレイが維持できるポイントです。

【筆者略歴】

山田みき ・・・ エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

【画像】

※ Kaspars Grinvalds / Shutterstock