左から『きょうのキラ君』『暗黒女子』『サクラダリセット』に出演する平祐奈の劇中セーラー服姿 (C) 2017「きょうのキラ君」製作委員会 (C) みきもと凜/講談社 (C) 2017「暗黒女子」製作委員会 (C) 秋吉理香子/双葉社 (C) 2017映画「サクラダリセット」製作委員会

写真拡大

女優・タレントとして活躍する平愛梨を姉に持ち、CM起用社数ランキングでも見事6位にランクインした注目の若手女優・平祐奈。そんな平が11月12日に18歳のバースデーを迎えたことを記念し、2017年に平が現役女子高生役を演じる3本の映画より、セーラー服姿の写真を3連発でご紹介!

平祐奈、姉・平愛梨との2ショット公開に「さっすが、美人姉妹」の声

まずは2月25日公開の『きょうのキラ君』。平が演じるのは、ドSでクールな美少女・矢作澪役で、中川大志演じる“キラ”の幼馴染で、ヒロインの“ニノ”(飯豊まりえ)と恋のライバルになるのか、それともただただイジりたいだけなのか、といった役どころだ。平は「普段の自分とは違うクールでドSという役なので、バッグの持ち方や、腕の組み方などを意識して演じました」とのコメントを寄せている。

続いては4月1日公開の『暗黒女子』。演じているのは、セレブ女子高に特待生として入学するものの、親がお金に困っており、全校生徒の憧れの的・いつみ(飯豊まりえ)の妹の家庭教師のバイトをする二谷美礼役。本作について平は「1人ひとりの物語になっていて、みんな違うことを言っていて、最後こうなるのかという驚きな展開があり、脚本を読んでとても面白いと思いました。みんなより年下の1年生役で、私自身も妹なので、妹キャラとして現場を明るくしていきたいと思います。みんなと心を1つに頑張っていければと思います」と話している。

最後は、来春前後篇2部作にて連続公開が決まっている『サクラダリセット』。彼女は、能力者が集う街・咲良田(サクラダ)を舞台に“世界を最大3日分巻き戻す能力“リセット”の影響を受けて2年前に死んでしまった女子高生・相麻菫(そうま・すみれ)役を演じており、2部作通して物語の鍵を握り、前篇から後篇へと移り変わっていく心情を見事に体現。「相手を転がすような完璧な女の子だと思ったので、初めて前髪を作って(切って)キリっとした感じを意識しました。姿勢、歩き方、仕草などを台本に書き込みながら、常に『相麻菫だったらこうかな』ということを考えて役と向き合っていました。ファンタジックな青春物語に相麻菫がどう絡んでいくのかを、ぜひ注目してご覧頂けたらいいなと思います」と役作りにも気合十分な様子だ。

ほかにも待機作の『キセキ ーあの日のソビトー』『ReLIFE』『忍びの国』などを含め、2017年7月までに、すでに6本の映画出演作の公開が決定している。作品ごとに変幻自在、毎回違った顔を魅せる、18歳、2017年の平祐奈に要注目だ。