【REPORT】NU′EST、ファン想いの選曲で約1,000人魅了&レンがまさかの…? 日本ツアー東京公演レポート

写真拡大 (全17枚)

昨年11月に日本1stアルバム「Bridge the World」を発表し、今年8月には韓国で5thミニアルバム「CANVAS」をリリースするなど、精力的に活動しているNU'ESTが、10月29日の大阪公演を皮切りに、全国6都市をめぐる日本ツアー「2016 NU'EST JAPAN TOUR〜ONE FOR L.O.Λ.E〜」を開催。11月9日には東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで東京公演を行い、約1,000人を動員した。

NU'ESTにとって日本公演は、今年5月に実施されたデビュー4周年記念ライブ「SHOWTIME4」以来、約半年ぶり。ファンの呼称である「L.O.Λ.E(ラブ)」をタイトルに引っ提げ、大阪で幕を開けた今回のツアーは、10月31日に名古屋、11月に渋谷、仙台(14日)、福岡(18日)、札幌(21日)をめぐる、まさに“日本横断ツアー”。なかでも東京公演は、本ツアーの折り返し地点とあって、メンバーは並々ならぬ想いを胸にこの日を迎えていた。

会場を埋め尽くしたファンが開演を今か今かと心待ちにする雰囲気が漂う中、ステージ上手にはなぜかベッドが設置され、パジャマ姿の男性キャストが登場。2人の執事におもてなしを受けながらベッドに横たわった男性に、寝顔を捉えようとする小型カメラが接近。大型ビジョンにその表情が映し出されると、場内からは大きな歓声が。いつの間にか、同じパジャマ姿のリーダー・JRに入れ替わっていたのだ。そして、ミンヒョンの呼びかけに事細かく応じようとしたあまり、ベッドから落ちたJRが背伸びをしてみせると「Sleep Talking」のイントロを合図に本編が幕を開けた。

それぞれ異なるカラーのパジャマを着たメンバーがステージ上に勢ぞろいすると、割れんばかりの歓声。キャッチ―なサビが印象的なオープニング曲を、寝間着姿で歌うという演出に、会場のボルテージは早くもヒートアップした。

まだ寝ぼけた様子(?) のJRと、そんな彼に「立って寝てるの? すげー」と突っ込んで驚いてみせたミンヒョンをステージに残して披露されたのは、アルバム「CANVAS」の収録曲「Daybreak」。しっとりと歌い上げるミンヒョンの姿に、観客からはため息交じりの吐息が漏れた。

今回のツアー目的が“ファンのため(〜ONE FOR L.O.Λ.E〜)”とあって、序盤からファンにはたまらない選曲パレードを展開。ステージ上部に設置された巨大スクリーンに映し出されたのは、深夜に放送されている音楽ランキング番組を彷彿とさせる特別番組「COUNT DOWN NU'EST」で、ファンから事前に募ったアンケートを元に決まった「ファンが選ぶ好きな曲ランキング」を発表。本家さながらにベクホとレンがVTRでMCを担い、5位からさかのぼる形で紹介していった。

5位に選ばれたのは、パワフルかつワイルドなダンスパフォーマンスが光る「OVERCOME」。4位には「ヨボセヨ」がランクイン。赤を基調としたジャケットスタイルの衣装に着替えたメンバーは、ファン推し楽曲を1曲ずつ披露していき、ファン一人ひとりと視線を合わすかのようにライブを満喫した。

続いて3位に入ったのは、彼らのデビュー曲「FACE」で、椅子を使ってのダンスパフォーマンスでクールに魅了。2位には「Access to You」と、アップテンポなナンバーが続いた。そして、ファンが選んだ好きな楽曲1位に輝いたのは「雨のち永遠」。イントロがかかった瞬間、歓喜の悲鳴が起こるほどの人気ぶりで、これまで上位に入った“アゲアゲソング”とは違い、メンバーはバラードナンバーをしっとりと歌い上げた。

ファンお馴染みの楽曲を立て続けに披露したかと思えば、今度は一転、新曲を次々と大放出。最新アルバム「CANVAS」のタイトル曲「Love Paint」をはじめ、「R.L.T.L」「Look」「Thank You」をお披露目した。「Love Paint」は早くもファンにも浸透している楽曲で、ベクホがハイトーンボイスをライブハウス中に響かせる。「Thank You」では、レンが手を左右に振っているのにスタンディング席も反応。青とピンクのペンライトがそれぞれきれいに揺れ、アットホームな雰囲気が会場を包み込んだ。