8日(現地時間)、モスクワで開幕した「2016中国映画祭」に、アクションスターのジャッキー・チェンがPR大使として出席した。

写真拡大

2016年11月8日(現地時間)、モスクワで開幕した「2016中国映画祭」に、アクションスターのジャッキー・チェン(成龍)がPR大使として出席した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

「2016中国映画祭」の開幕セレモニーでは、現地ファンの熱い声援の中でジャッキー・チェンが登場。2009年に発表した愛国ソング「国家」を声高らかに歌い、さらに現在撮影中の中ロ合作映画「中国游記」をPRした。

中国とロシアの両国で毎年開催されているこの映画祭。今年6月には陝西省西安市で「2016ロシア映画祭」が開催され、最新のロシア映画7本が上映された。「2016中国映画祭」は8〜27日にモスクワと南部の都市ロストフ・ナ・ドヌで行われる。

映画では若々しい姿を見せているが、映画祭開幕セレモニーにおいて至近距離で撮影された顔がネット上に登場すると、ネットユーザーから驚きの声が上がった。現在62歳のジャッキーについて、「こうしてみると年相応だ」「こんなに老けていると思わなかった」などといった声が飛び交っている。(翻訳・編集/Mathilda)