圧巻のトーナメントレコード 大観衆はかたずを飲んでプレーを見守った

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇13日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』で2位に7打差をつける圧勝劇を見せた松山英樹。『日本オープン』優勝、『CIMBクラシック』2位、『WGC-HSBCチャンピオンズ』優勝、そして今大会と10月に入ってから4戦3勝で唯一の優勝逃しが2位フィニッシュ。石川遼とのタッグで参戦する『ゴルフワールドカップ(11月24日〜27日)』には、結果の面を見れば最高の形で向かうことになるが、松山自身に慢心はない。
【関連ニュース】
松山英樹、トーナメントレコードでの日本2連勝に「疲れました(笑)」
松山英樹 怒りでクラブをボキッ!「次からはミスショットしても穏やかに」
処置を間違え…上原彩子になんと68打罰!史上ワースト“141”「私のミス」
18番グリーンで珍事、投げて渡した球が池ポチャ
松山英樹が使う『グレートビッグバーサ』の気になる重心特性は?