<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇13日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』で今季日本ツアー2戦目の出場となった松山英樹。3日目を終えて、2位と6打差・トータル20アンダー単独首位とする一人旅となったが、最終日も3つスコアを伸ばして、2位に7打差をつけるトータル23アンダー。2004年のダレン・クラークの記録を1打更新するトーナメントレコードで今季日本ツアー2戦2勝を達成した。
【関連ニュース】
松山英樹、トーナメントレコードでの日本2連勝に「疲れました(笑)」
松山英樹 怒りでクラブをボキッ!「次からはミスショットしても穏やかに」
処置を間違え…上原彩子になんと68打罰!史上ワースト“141”「私のミス」
18番グリーンで珍事、投げて渡した球が池ポチャ
松山英樹が使う『グレートビッグバーサ』の気になる重心特性は?