歌手ジャスティン・ビーバーの若かりし頃。デビューして間もなく、人気となり自伝書を発売した。 (c)Imagecollect

写真拡大

今年の6月に女優のナヤ・リヴェラが自伝本を出版し、恋愛や仕事などあらゆることを暴露して話題になった。また歌手のゼイン・マリクは、以前に所属していたボーイズグループの「ワン・ダイレクション」の裏側などを綴った自伝本を出版することを発表するなど、いまセレブたちが書いた本が注目されている。今回は3人のセレブが書いた本をご紹介!

■ジャスティン・ビーバー
2010年に発売した歌手のジャスティン・ビーバーの自伝本「First Step 2 Forever:My Story」。写真を多く取り入れたフォトブック風の自伝本になってる。デビュー当時の、若かりしジャスティンの写真と共に、彼のプライベートが詰まった内容でなかなかの読み応え。日本語版の購入も可能。

■リア・ミシェル
「glee(グリー)」で大ブレイクした女優のリア・ミッシェルも自伝本を出したセレブの一人。2014年の自伝本「Brunette Ambition」は、リア流のストレッチの仕方や、健康的な食事のレシピ、私服コーディネートなど、女の子には嬉しい内容が満載!翌年発売された2冊目となる自伝本「You First: Journal Your Way to Your Best Life」には、人々がもっとも自分らしく過ごすためには、どうするべきなのかが書かれている。

■クリス・コルファー
同じく「glee(グリー)」で大活躍した俳優のクリス・コルファー。彼が書いたのはなんと、児童小説!2012年にファンタジー小説「The Land of Stories: The Wishing Spell」を書き上げ、すでにシリーズ5作を出版している。ニューヨーク・タイムズ紙による「中学生向け部門ベストセラーランキング」にランクしたこともあり、かなりの売れ筋だ。

日本語で書かれている本もあるが、あまり多くはないのが残念なところ。英語が苦手な方には、写真が多く含まれたものがおすすめ!他にもセレブを特集した一般ライターによる本なども多く発売されているので、ぜひチェックしてみては?