オマーン戦はスタメンから外れた長谷部。最後までベンチで過ごし、4-0での勝利を見守った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[親善試合]日本 4-0 オマーン/11月11日/カシマ
 
 4-0で勝利したオマーン戦は、15日に控えたロシア・ワールドカップのアジア最終予選、サウジアラビア戦に向けて良いウォーミングアップになった。

 ベンチでこの勝利を見守ったキャプテンの長谷部は、おおむねチームメイトのプレーに好印象を受けたようだ。

「課題もあるけど、次の試合に向けてしっかりと勝てた。新しい選手や久しぶりの選手も結果を出せたので、ポジティブに捉えていい。得点した選手はもちろんだけど、それ以外も自分の持ち味を出せていたと思う。フレンドリーマッチで難しい部分もあったが、みんなに『アピールしよう』という雰囲気を感じたし、非常に良かった」

 ただ、15日のサウジアラビア戦は、勝つと負けるとでは雲泥の差。勝てばグループ首位のサウジアラビアと勝点10で並ぶが、もし負ければ……。予選突破はかなり厳しくなる。
 
 だからこそ、「オマーンよりもサウジのほうが力はある」と認めつつも、直前の試合で良い雰囲気を作れたことは大きい。
 
「この試合も決して簡単ではなかった。もし得点が入らなければ、ジリジリと進むゲームになったはず。そのなかでいい時間帯にゴールが奪えて、勝利という結果が出たのは好材料」
 
 日本代表にとっての分水嶺がすぐそこに迫っている。オマーン戦で得た収穫や雰囲気をどう熟成させていくのか。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督だけでなく、チームリーダーの手腕も問われる。