EXO、11月の「ボーイズグループブランド」で1位獲得…10月に続き2ヶ月連続

写真拡大

EXOがボーイズグループブランド評判11月調査の結果で1位を獲得した。

13日、韓国企業評判研究所は「“ボーイズグループブランド評判ビッグデータ”を分析した結果、EXOが1位を獲得した」と明かした。

韓国企業評判研究所は、今年の10月11日から11月12日まで、ボーイズグループブランドビッグデータである28,994,426個を分析。これは消費者行動分析を通して、ボーイズグループブランドに対する参加指数、コミュニケーション指数、評判指数を測定したもので、10月のブランドビッグ34,448,807個と比較してみれば、15.83%減となっている。

11月のボーイズグループブランド評判ランキングによると、EXO、防弾少年団、SEVENTEEN、VIXX、BTOB、INFINITE、SHINee、BEAST、BIGBANG、Sechs Kies、Block B、神話(SHINHWA)、WINNER、MONSTA X、B1A4、B.A.P、SUPER JUNIOR、2PM、東方神起、FTISLAND、JYJ、2AM、TEENTOP、ZE:Aの順となっている。

1位獲得のEXOブランド参加指数は741,312、コミュニケーション指数4,335,804でブランド評判指数5,077,116で分析された。10月のEXOブランド評判指数6,219,334より18.37%下落した。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「ボーイズグループ11月ブランド評判分析の結果、EXOが2ヶ月連続で1位を記録」と話し「EXOブランドに対するリンク分析では“EXO-CBX”“アルバム”“ユニット”などが高く現れ、キーワード分析では“良い”“違う”“可愛い”などが高く出た。ポジティブ・ネガティブ分析では、ポジティブ比率82.1%で現れた」と説明。