楽童ミュージシャン、初の単独海外ショーケースを大成功のうちに終える

写真拡大

兄妹デュオの楽童ミュージシャンが、台北で開かれた初海外単独ショーケースを盛況のうちに終えた。

12日、楽童ミュージシャンは2300席ほどの規模で「TAIPEI INTERNATIONAL CONVENTION CENTER(TICC)」初海外単独ショーケース「AKMU STUDIO IN TAIPEI」を通じて特別なステージを披露した。

楽童ミュージシャンは「単独海外ショーケースは初めてだったので、結構緊張していたし、実はリハーサルの時も、この広いコンサート会場をどう埋めればいいか心配しました。でも、ずっと先まで観客でぎっしり埋まっている様子を見て、胸いっぱいになっています」と感想を述べた。

彼らは「RE-BYE」「Don't Cross Your Leg」「MELTED」などのヒット曲を熱唱し、コンサート会場を盛り上げた。楽童ミュージシャンのカラーが生かされているドラム、ギター、ベース、キーボードで構成されたライブバンドが共に披露するステージは、肌寒くなった空気を温めた。

自曲のほかにBIGBANG SOLの「EYES, NOSE, LIPS」、Tamiaの「Officially Missing You」等、色々なアーティストの曲を披露。そして、現地のファンが最も聞きたがっていたインディーズ・バンドであるソーダグリーンの「You Are Written in My Song」も演奏した。
MCトークの際に、ファンが自ら作ったサプライズ映像が流され、感動を加えた。その映像が流れた後、客席にいたファンは「楽童愛している」と書かれたカードセクション応援を行った。

アンコールステージ「GIVE LOVE」で楽童ミュージシャンは客席に登場し、ファンに一人ずつ握手を求め、一緒に写真を撮るなど、近い距離で交流した。

デビュー以降、初めての単独海外活動を成功のうちに終えた楽童ミュージシャンは、12月9日、シンガポール「KALLANG THEATRE」で「AKMU STUDIO」を開催する。