「アントラージュ」ソ・ガンジュン、映画監督の自分への評価に衝撃

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「アントラージュ」ソ・ガンジュンの映画「倭乱終結者」出演が結局、ダメになった。

韓国で12日に放送されたtvN金土ドラマ「アントラージュ」(脚本:ソ・ジェウォン、クォン・ソラ、演出:チャン・ヨンウ) ではイ・ホジン(パク・ジョンミン) がチャ・ヨンビン(ソ・ガンジュン)に「倭乱終結者」出演がダメになったことを伝える様子が描かれた。
ヨンビンは「監督には会ったのか」と聞き、ホジンは「監督がハンサムなモデルを見ている感じだと言っていた」と率直に話した。

これにヨンビンは衝撃を受け、キム・ウンガプ(チョ・ジヌン) は「君には合わない作品だ」と慰め「アントラージュ」の今後の展開に関心が集まった。