タトゥーマニアで知られる
アンジェリーナ・ジョリー 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

 日本でも近頃ファッション感覚になりつつあるタトゥー。「入れてみたい」と思う人がいる一方で、就職や結婚、プールや温泉に入れないなど様々な理由でタトゥー除去を希望する人も後を絶たないとか。この点、セレブの皆さまに目を向けてみると、いくつものタトゥーをあちこちに入れている方が大勢いますが、「やらなきゃよかった」と頭を抱えることがあるのは彼らも一緒。今回は、セレブたちの後悔タトゥー5選をお届けします。

★アンジェリーナ・ジョリー

 タトゥーマニアで知られるアンジェリーナ・ジョリー。全身に20個以上あると言われているタトゥーのなかで最もよく知られているのが、6人の子どもたち、そしてブラッド・ピットの出生地の緯度&経度を並べた左上腕のものでしょう。アンジーは世界中を驚かせた離婚申請後、ブラピの出生地の座標と、もうひとつ彼にちなんだタトゥーをレーザー治療で除去することにしたみたい。情報筋によれば、レーザー光線による施術は激痛を伴うので、「それだけブラピに激怒している証拠」だとか。実はこの座標タトゥー、前夫ビリー・ボブ・ソーントンに捧げるドラゴンのタトゥーを消した後に“上書き”したもの。ソーントンと別れたときに「もう二度と男の名前は彫らない」と決めたはずのアンジー、もうロマンス絡みでイタい思いをするのはこりごりなはず。

★ジョニー・デップ

 愛する人に捧げるタトゥーで失敗したのはアンジーだけではありません。アンバー・ハードと泥沼離婚劇を繰り広げたジョニー・デップもそのひとり。右手の指に刻んだアンバーの愛称「SLIM(スリム)」を、こっそり「SCUM(クズ)」に変更していました。ジョニデといえば、元カノ、ウィノナ・ライダーへの愛を誓った「Winona Forever(ウィノナよ永遠に)」のタトゥーを、破局後「Wino Forever(一生飲んだくれ)」に修正したのは有名なお話。未練を断ち切るのは男らしいけど、「飲んだくれ」に「クズ」だなんて、終わった恋愛の罰ゲームはしょっぱいですね。

★ジャスティン・ビーバー

 あれよあれよという間にタトゥーだらけになっていたジャスティン・ビーバー。左手首に描かれた女性の顔は、あのセレーナ・ゴメスそっくり! 今年2月のGQ誌で自身のタトゥーコレクションの歴史を紐解いたジャスティン、「これは元カノ。顔にシャドーとかをいれてごまかしてみたけど、まだバレバレなんだよね」と白状しました。この“整形”を元カノは一体どう思っているのか、ぜひとも聞いてみたいものです。

★ミーガン・フォックス

 永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの肖像画タトゥーをしていたのは、セクシー女優のミーガン・フォックス。かつては憧れの存在だったモンローだけど、「彼女は情緒不安定な双極性障害の人だった。私は自分の人生にそんな負のエネルギーを引き寄せたくない」と、ミーガンはタトゥー除去を決意。ところがモンローの顔は、施術後もうっすら残ってしまった模様。こんな亡霊みたいになってしまうなんて、また後悔!?

★ヘイデン・パネッティーア

 イタリア系の祖先をもつ女優のヘイデン・パネッティーア(「HEROES ヒーローズ」)。2009年、「後悔のない人生を」という意味のイタリア語「vivere senza rimpianti」をタトゥーにしたんだけど、彫師がスペルを間違えたのは痛恨の極み。Glamour誌に「文字通り、この教訓とともに生きていく羽目になっちゃった」と告白しています。けれど、やはり耐えがたかったのか、4年ほどでお直しに踏み切ったみたい。完全除去なのか、修正なのか、本人はまだ真相を明かしていませんが、きっと「後悔のない人生」に近づけたのでは?