【意外と知らない】国産メーカーにアルミボディのクルマが少ないわけ

写真拡大 (全11枚)

同じ強度なら鉄とアルミは同じ重さになる

アルミニウムというのは1円玉に使われている、軽い金属です。鉄と較べると3分の1の重さで、引っ張りの強さも3分の1です。つまり素材そのものでいえば、同じ強度なら同じ重さになります。アルミニウムのほうが体積が3倍になりますから、むしろ厄介です。

しかしアルミニウムと鉄では、その性質が違うので製法が違ってきます。アルミニウムは柔らかいので形状を複雑にすることができるのがメリットで、ボディの構造材として考えると設計で強度を上げることができます。それで結局、同じ強度であれば鉄に対して3分の2程度の重量で抑えることができるのが、アルミニウムのメリットです。


クルマにとって軽量であることは正義です。走行性能でも、燃費でも、軽量化はメリットばかりなんです。だからアウディがR8やA8、そしてTTなどに採用しています。

またジャガーもまたアルミボディを採用しています。でも日本の自動車メーカーはアルミボディに対して、消極的です。モノコックにアルミニウムを使っているのは、唯一ホンダだけです。


ホンダはバイクの世界では圧倒的なトップブランドで、クルマの世界でいうとトヨタとVWとGMを足してもまだ足りないくらいの市場占有率です。そのホンダはモトGPをはじめてとする高性能スポーツバイクに、古くからアルミニウム素材を使ってきました。

クルマでもいち早くアルミブロックのエンジンを登場させました。そうしたノウハウがあってアルミボディを採用できたのかもしれません。

最初は初代NSX、初代インサイト、そして新型NSXに採用されています。初代NSXと初代インサイトが生産されていた高根沢工場は、新たな変電施設を新設するほど、多くの電力を必要としました。アルミニウムの生産や加工には、多くの電力が必要になるんです。

日本は電気料金が高いためにアルミの精製コストが高く付く

アルミニウムはボーキサイトという鉱物を処理して酸化アルミニウム(アルミナ)が精製され、それを電気分解することでアルミニウムとなります。この段階で電気が必要になるわけです。日本では、こうしたアルミニウムの精製は電気料金が高くて競争力がないので、現在は行われていません。


たとえば工業用電気料金でいえば、日本はアメリカの3〜4倍にもなると言われています。鉱物のボーキサイトは地球の地殻を構成している物質のひとつで、比較的安価なだけに、後処理となる電気分解のコストが大きくのしかかってくるのです。アルミの価格は電気代、と言われるほどなのです。ホンダが新型NSXの生産拠点をアメリカ・オハイオとしたことは、当然の成り行きなのです。


日本ではとても高くつくアルミボディですが、将来的な可能性はあります。たとえば生産コストは部品点数も大きく影響します。形状の設計自由度が高いことを生かして、鉄であれば5〜6個となる部品を一体化して1個にすることができれば、製造部分でのコストは大幅に低くなります。溶接しないので精度も上がるし、管理コストも低減することができます。そうすることで、生産コストの圧縮が可能なのです。

もしかすると気がつけばスズキが軽自動車にアルミボディ、というような時代が来るかもしれません。スズキもまた、ホンダと同様にバイクの世界でアルミニウムを十分に経験しているからです。

(文:岡村神弥)