12日、韓国ソウル市中心部で、朴槿恵大統領の友人女性、崔順実容疑者の国政介入疑惑を受け、朴氏の辞任を求める大規模集会があった。写真は12日の大規模集会。

写真拡大

2016年11月12日、英紙ガーディアンによると、韓国ソウル市中心部で同日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人女性、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑を受け、朴氏の辞任を求める大規模集会があった。警察推計で参加者は26万人、主催者発表で100万人にのぼり、韓国では16年ぶりに大規模な反政府デモとなった。網易が伝えた。

【その他の写真】

参加者らは午後4時ごろ、市中心部の光化門に集合。「朴大統領を弾劾する」「崔順実は逮捕」などの横断幕を掲げ、「朴大統領は辞任しろ」とシュプレヒコールを上げた。ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長のほか、韓国3大野党の共に民主党、国民の党、正義党の幹部も参加した。警察は約2万6000人を動員して厳重警備にあたった。

参加者は光化門周辺に座り込み、夜通しで討論会を開催。現場にいた11歳の参加者は「朴大統領は辞任すべきだ。国民に対して責務を負っていない」と話した。最新の世論調査で朴大統領の支持率は現在5%まで落ち込み、特に20代は0%と若者たちの不信感が強まっている。(翻訳・編集/大宮)