写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JALは11月17日のボジョレー・ヌーヴォー解禁日限定で、国際線機内(一部路線を除く)および国内主要空港ラウンジにて、ボジョレー・ヌーヴォーを提供。羽田空港国際線ラウンジでは、17日に日付が変わると同時に提供する。

今回提供するピエール・フェロー社は、1882年創業の長い歴史と経験を誇る名門。毎年高品質なワインを造り出し、フランス国内の1,500以上のレストランで選ばれ、世界40カ国以上で親しまれている。2016年のボジョレー・ヌーヴォーは、「酸ときれいな果実味、そして味わいの深さのバランスが素晴らしく、繊細でエレガントな味わい」と評価されている。

ボジョレー・ヌーヴォーを機内提供する路線は、日本発着のシカゴ/ボストン/ニューヨーク/ロサンゼルス/サンディエゴ/ダラス・フォートワース/バンクーバー/サンフランシスコ/ホノルル/ロンドン/フランクフルト/ヘルシンキ/パリ/シドニー/シンガポール/クアラルンプール/ジャカルタ/デリー/マニラ/ハノイ/ホーチミン/バンコク/香港線で、対象クラスはファーストクラスとビジネスクラスとなる。

ボジョレー・ヌーヴォーを提供するラウンジは、成田空港(国際線ファーストクラスラウンジ、サクララウンジ)、羽田空港(国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ、サクララウンジ/国際線ファーストクラスラウンジ、サクララウンジ)、関西空港(国内線サクララウンジ/国際線サクララウンジ)、伊丹空港(国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ、サクララウンジ)、中部空港(国際線サクララウンジ)、福岡空港(国内線サクララウンジ)、新千歳空港(国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ、サクララウンジ)となる。

また、搭乗ゲートでのサービスは、11月17日のJL079便(羽田発ホーチミン行き)となる。なお、こちらは制限エリアであるため、同便搭乗者が対象となる。

ボジョレー・ヌーヴォーの提供に合わせ、2016年もメゾンカイザーによるJALオリジナルパン「PAIN AU BEAUJOLAIS(パン・オ・ボジョレー)」を用意。水の代わりにボジョレー・ヌーヴォーで製造する、この日のためだけに作り上げた特別なパンとなる。

JALオリジナルパンは、東京(成田・羽田)発のシカゴ/ボストン/ニューヨーク/ロサンゼルス/サンディエゴ/ダラス・フォートワース/バンクーバー/サンフランシスコ/ホノルル/ロンドン/フランクフルト/ヘルシンキ/パリ/シドニー/シンガポール/クアラルンプール/ジャカルタ/デリー/マニラ/ハノイ/ホーチミン/バンコク/香港線にて、ビジネスクラスを対象に洋食コースのパンのひとつとして提供する。

JALオリジナルパンを提供するラウンジは、成田空港(国際線ファーストクラスラウンジ)と羽田空港(国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ/国際線ファーストクラスラウンジ)で、なくなり次第、終了となる。