笑顔がデフォルトの“サーカス団の団長”を演じる上島竜兵(左)とデカ長・恭子役の島崎遥香/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月14日(月)放送の「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日系)第5話に、“異色のゲスト”ダチョウ倶楽部・上島竜兵が登場。長年ピエロを演じてきた“サーカス団の団長役”で出演する。

【写真を見る】『犯人はトラかゾウか!?』というサブタイトルも気になるところだ/(C)テレビ朝日

第5話『犯人はトラかゾウか!?』で、上島が演じるのは長年、道化役を務めてきたことから笑顔が“デフォルト”になってしまったサーカス団の団長・飯星。

というのも、第5話でナシゴレン課が挑むのは、サーカス団のテントで男性調教師の死体が発見された事件だ。

飯星から事情を聴取すべく、彼を部屋に呼んだナシゴレン課。しかし、飯星は常に穏やかな微笑を崩さず、全く表情が読めない“食えない男”で…。果たして、ナシゴレン課は真犯人を突き止めることができるのか。どうぞどうぞ!と被疑者が名乗り出て、くるりんぱ!と軽やかに解決することを期待したい。 

常にニコニコ笑顔を浮かべる飯星役に挑戦した上島は「島崎遥香さんは大変かわいくて、もう恥ずかしくて…。一直線に見詰められるシーンもあったのですが、ニコニコ笑っている役だったので、照れ隠しになってよかった!」と、役柄に助けられながら演じたことを告白。 

また「1回だけ、“くるりんぱ”をやらせていただきました! でも他のドラマの現場でギャグをやっても、オンエアを見るとたいていカットされているんですよね…今回はどうかな(笑)」と、劇中でおなじみのギャグを披露したことも明かした。

ダチョウ倶楽部の鉄板ギャグは刑事ドラマの一体どこで登場するのか、果たしてカットされてしまっているのか…熱湯風呂よりアツアツの第5話は、スミズミまで注目しよう。

なお、本編では描かれることのない、恋模様がつづられるスピンオフドラマ「警視庁 ナシゴレン課 番外編『恋のアルマジロ』」も、地上波ドラマ放送終了後に第5話を配信。(『au ビデオパス』の会員限定で、地上波ドラマ放送終了後より毎週1話ずつ、全10話、ネット配信)。

第5話では、石鍋幹太(古田新太)、伊吹暁彦(勝村政信)、高見拳次郎(波岡一喜)の会話から、思いがけない人間関係が浮かび上がっていく…かも!? ファンの間で今、大きな盛り上がりを見せている「恋のアルマジロ」も見逃せない。

【上島竜兵コメント】

「警視庁 ナシゴレン課」と聞いて、最初はよく分からないドラマだなと思いました(笑)。でも設定はもちろん、キャストの皆さんの名前を聞いて、すごく面白そうだなと思ったんです。ところが、いざ台本を頂いたら、キャッチボールのような細かいせりふのやりとりがあって、不安になりましたね。撮影当日の朝まで、“覚えられないよー!”とブツブツ言ってナーバスになっていたから、カミさんにもマネジャーにもウザいと思われていただろうな(笑)。

それにしても島崎さんはお忙しいだろうに、あれだけ長いせりふを演じるのはたいしたものですよ! 謎解き役っていうのは、せりふが長くて難しいからね。僕は追い詰められる方の役ばかりだから、やったことないけど(笑)。