J.K.ローリング(左)とエディ・レッドメイン(右)

写真拡大

『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のワールドプレミアが11月10日(現地時間)にニューヨークで開催され、主人公のニュート・スキャマンダーを演じたエディ・レッドメインはじめ、新ヒロインのキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラーと、デイビッド・イェーツ監督、そして『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親で、本作の脚本を手掛けたJ.K.ローリングがレッドカーペットに姿を現した。

この記事のその他の写真/『ファンタビ』ワールドプレミア

この日は、ニュートをはじめ『ファンタビ』のキャラクターのコスプレをした“ファンタビスト”や、『ハリポタ』のコスプレに身を包んだ“ポッタリアン”が集結。極寒のニューヨークにも関わらず、会場は熱狂に包まれた。

レッドメインは、魔法動物で緑色の木の妖精ボウトラックルを胸ポケットに連れて登場! 11月21日に来日する日本について「早く行きたいよ。日本には『ハリー・ポッター』のマジカルなファンがいっぱいいるから、『ファンタスティック・ビースト』も楽しんでもらえれると嬉しいな」と期待を高ぶらせると、「今年、日本で3、4週間妻と2人で旅行したんだ。うどんや、お寿司を食べたよ。大好きだから、また食べたいし、いろいろなところに行きたいね」と興奮気味。

自身の演じたニュートについては「魔法動物に夢中なんだ。魔法界における魔法動物の行動は、時々コントロールがきかないような状態になってしまったり、魔法使いたちが理解できないような状態に突然なってしまったりする。でも彼は本当に心の優しい人物で、愛すべき人物で、動物たちが大好きで、動物たちは誤解されているだけなんだと信じているんだ」とコメント。

「大好きなのは、彼が人間と上手く付き合えないというところ。常に魔法動物と一緒にいるんだ。社会の中で適合していく能力がないんだよね。だけど、彼の魔法動物とは、仲が良いんだ。それで彼がこの映画の始まりでNYに到着するんだけど、ジョー(ローリング)が衝撃的に素晴らしくここで描いているのは、そんな彼が他の人に出会うことで、彼の良い部分が出て来るということ。彼らと一緒にいることで、それぞれの一番良いところが引き出されるんだ」と続けた。

ローリングは、今回来日はしないが、日本にも魔法学校があるが「ニューヨーク以外にどこに行くかは言えないわ。今回のシリーズは世界を旅することがテーマだからね。映画を楽しんで」と秘密を守りつつも「2作目には中国のビーストが出る。ドラゴンじゃないけどね」と明かす。

そして、本作映画化のきっかけに関して「チャリティのために短い本を書いた時に、ニュートのキャラクターがすごく魅力的に思えたの。ただその時点では自分で脚本にするなんて、想像だにしていなかった。けど、ワーナーに“『ファンタスティック・ビースト』を映像化したい”と言われた時、“ちょっと待って”って言ったの。ニュートを間違って描いて欲しくなかったから。私はニュートが好きだったから、彼がどんな人物だと私が思っているのかしっかりと語らなくちゃいけないとね。それで、自分でも気付く前に、脚本を書き始めていたの。ニュートについてだったらいつか書けそうだわと思っていたの。結果的には最高だったと思う。これが本当に本当に私が書きたかったことだから」と話していた。

レッドメイン、ウォーターストン、スドル、フォグラー、イェーツ監督、プロデューサーの6名は11月21日、22日に来日。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日より全国公開となる。