Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠高血圧症とは?お腹の赤ちゃんの為に知っておきたい原因と症状

写真拡大 (全2枚)

妊娠高血圧症ってご存知ですか? それまでは高血圧ではなかったのに、妊娠中期以降になって急に血圧が高くなり、胎児や母体に様々な悪影響がでる疾患のことをいいます。 最悪のケースではお腹の赤ちゃんの生命に危機が及ぶこともありますので、ぜひ記事をチェックしてみて下さいね。

要チェック項目

□妊娠高血圧症は妊娠中期以降に発症する疾患群である □母体や胎児の命にかかわることもある □妊婦健診は必ず受けるべきである

妊娠高血圧症とは

妊娠高血圧症とは、妊娠以前は高血圧ではなかったのに、妊娠中期(妊娠20週頃)以降になってから、急に高血圧が認められるようになったことをいいます。 以前は妊娠中毒症と呼ばれていた妊娠中の異常のことですが、現在では妊娠高血圧症と呼ばれることが一般的です。 なぜかというと、妊娠中毒のほかの要件であった蛋白尿や浮腫(むくみや1週間に500g以上の体重増加)に関しては、母体や胎児の障害に直接関係する異常ではないことが、医学の進歩によって分かってきたからです。 そのため、2005年4月から同呼称に定着したという訳です。

定義

日本産科婦人科学会によると、妊娠高血圧症は「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」と定義されています。 「妊娠」となっていますが、産後12週までは注意して経過を追う必要のある疾患です。 ちなみに、妊娠高血圧症というのは「症候群」なので、何か一つの疾患のことをいう訳ではなく、高血圧を中心とした様々な不調が現れる病態だと思って頂けると間違いないかと思います。

妊娠高血圧症の原因

原因不明

妊娠高血圧症の原因はいまだによく分かっていないそうです。そのため、効果的な予防法もないというのが現状です。いまだに研究途上の疾患ですが、以下にどのような人がなりやすいのかについてご紹介したいと思います。

既往

以前の妊娠で妊娠高血圧症になった妊婦さんは、その次の妊娠でも妊娠高血圧症になるリスクがその他の妊婦さんに比べて高いと言われています。また、糖尿病や腎臓の病気を持っている人もリスクが上昇するということです。

高血圧

そもそもが高血圧気味の妊婦さんも、妊娠高血圧症になるリスクが高くなってしまうということです。また、家族に高血圧の人がいる場合にもその可能性が高くなると言われています。

初産

経産婦に比べると、初産の妊婦さんの方が妊娠高血圧症になりやすいと言われています。また、双子のお母さんの方が一人の妊娠の場合よりやはりリスクが上昇するそうです。40歳以降の高齢出産や肥満している場合も同様です。

妊娠高血圧症の症状

HELLP症候群

HELLP症候群は「Hemolysis(溶血)」「Elevated Liver enzymes(肝酵素の上昇)」「Low Platelet(血小板の減少)」の3つの症状の頭文字をとってこの名前が付けられています。 妊娠の後半からお産の後に発症しやすいため、注意が必要となります。 HELLP症候群は診断が遅れると、溶血による血液の凝固障害や、肝酵素の上昇などによって体内にあるたくさんの臓器がダメージを受けて、命にもかかわってきます。 そのため、特に妊娠後期以降は注意が必要ですし、また出産後も経過を追うことが必要となります。

子癇

子癇とは、妊娠20週以降に起きるけいれん発作のことをいいます。急激におこった高血圧によって発症するとされ、けいれんが収まらない場合には赤ちゃんだけでなく、母体にとっても危険な状態となりかねません。 脳出血も疑われるため、早急に検査を行う必要があります。

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離とは、本来正常な位置にある胎盤が、なんらかの原因によって赤ちゃんが生まれる前にはがれてしまう疾患のことをいいます。 原因についてはやはりよく分かっていませんが、母体に出血性ショックや凝固障害が見られる場合には、そちらの対処が優先されるということです。

妊娠高血圧症には何か自覚症状はないのですか

妊娠高血圧症の厄介なところは、自覚症状に乏しいという点です。妊婦検診で初めて発見されることも多く、重症になるまで気がつかないようなケースもままあるということです。 後から振り返ってみると、そういえば頭痛や倦怠感があったな、などと言ったことが見られる程度のようです。 そのため、もしも血圧が高めの妊婦さんで、何らかの異変が体に現れた場合には、速やかにかかりつけのお医者さんに相談することが重要です。

妊娠高血圧症の予防法はないのですか

妊娠高血圧症は今のところ原因が分かっていないため、効果的な予防法というものはありません。 ただ、もともと肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を持っていると妊娠高血圧症のリスクが高くなるということなので、妊娠以前からそちらの改善を行うことが大事だとは言えると思います。

妊婦健診は必ず受けるようにしましょう!

妊娠高血圧症は現在の所原因が分かっておらず、また自覚症状に乏しいのが厄介なところです。そのため、定期的に妊婦健診を受けることが重要となります。 重症化した場合、最悪の場合胎児を取り上げなければならなくなるので、早期発見・早期治療がなによりも大事です。 (監修:Doctors Me 医師)