とても50代には見えない若々しさが絶賛されているデミ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

54歳のデミ・ムーアが若々しすぎて20歳は若く見えると英紙デイリー・メールは書いている。同紙は、最近ロサンゼルスで撮影されたデミの写真を掲載し、「デミはかつてないほど美しく見えた」と伝えた。

【写真を見る】若々しすぎて逆に怖い!?「目つきが変」と指摘されたデミ・ムーア/写真:SPLASH/アフロ

この日、ダナ・キャランがプロデュースするライフスタイルショップ、アーバン・ゼンのオープニングイベントに出席したデミ。彼女は黒いスキニーパンツにキャミソール、フェイクファーのロングジレというシックなファッション。

おろした髪もツヤツヤ光って若々しく、プロポーションも抜群で、顔もシワひとつなくハリがあり、とても50代半ばの女性には見えない。しかし、同紙サイトのコメント欄には批判的な意見が多く「完璧すぎてアンチエイジングに失敗しているのではないか」という声や、「目つきがおかしい」という指摘があがっている。

「皮肉だ。こんなにスリムで、顔にシワもないのに、健康的にもフレッシュにも見えない」「目が怖い」「目つきがおかしいのを除けばキレイだと思う」「薬物使用?」などの読者コメントが多く寄せられた。

新作映画2本の公開を控え、今年から来年にかけてプロモーション活動で人前に出る機会が増えそうなデミ。新作コメディ『Rock That Body(原題)』では、スカーレット・ヨハンソンやゾーイ・クラヴィッツと共演しており、『Blind(原題)』では、アレック・ボールドウィンが演じる小説家と恋に落ちる人妻役を演じている。【UK在住/MIKAKO】