大女優ジャクリーン・ビセット (C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

写真拡大

 ドリュー・バリモアとトニ・コレットがダブル主演した「マイ・ベスト・フレンド」で、コレット演じるミリーの母親役で登場する英女優ジャクリーン・ビセットの出演場面写真を映画.comが入手した。1960年代後半から雑誌の表紙を飾り、ロマン・ポランスキーの「袋小路」、フランソワ・トリュフォーの「映画に愛をこめて アメリカの夜」でその美しさと確かな演技力が評価されたビセットの、72歳となった現在でも変わらぬ存在感を確認できる。

 「トワイライト 初恋」のキャサリン・ハードウィック監督がメガホンをとった本作は、長年にわたって友情を築いてきたジェス(バリモア)とミリー(コレット)の葛藤と絆を描く。不妊治療を続けてきたジェスが妊娠し、同時期にミリーの乳がんが発覚。互いを思う気持ちから、人生のすべてを共有してきた2人の間に言葉にできない事柄が増えていく。

 ビセットが演じるミランダ役は、女優としても活躍し華やかな生活を送りながらも、女手ひとつでミリーを育ててきたアグレッシブな女性。大人になった娘に乳がんが見つかり、闘病する姿をそばで受け止めるという難役だ。ビセットは、「(演じたミランダは)ユーモアたっぷりでちょっと生意気な面白いキャラクターだった。トニ・コレットも生意気で口答えばかりするのよ。彼女にとってわたしの娘でいることは苦痛だったのでしょうね。彼女たちはとても存在感があって、すべての中心にいたわ。友達同士の親密さで、互いに主導権を取り合ったりすることもあれば、からかいあったりもしていた。まさに普通の友達同士がするような振る舞いをしていたの。この作品は感動的だけれど、憂鬱な映画ではないの。心震えるような映画を見るのは、とても好きなのよ」と語っている。

 「マイ・ベスト・フレンド」は、11月18日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。