<昨日、ソウルで行われた朴槿惠大統領の即時退陣を求める100万人のデモ行進は、大統領府にもその声が届いていたという。こうしたなか、検察は一連の疑惑の真相を解き明かすべく、週明けにいよいよ朴大統領本人への聴取を行うことを決定した──>

 韓国の朴槿惠大統領の友人チェ・スンシルによる一連の国政介入疑惑に対し、昨日ソウル市中心部の光化門とソウル市庁前広場一帯で朴大統領退陣を求める大規模デモが開かれ、与党セヌリ党の若手議員も含め、主催者発表で100万人の参加者が集まったとソウル経済など韓国メディアが報じた。


朴槿惠大統領の退陣を求める大規模デモ もっとも近いところは大統領府まで800メートル。朴槿惠は退陣コールを聴きながら何を思ったか?

 12日のデモにはソウル市内の労働組合員をはじめ、学生、主婦など一般の市民も参加したほか、釜山、大邱、済州など地方からもチャーターバスなどで駆けつけた人びとが合流し、主催者発表で100万人、警察発表で26万人が集まった。これだけの人が参加したデモは、1987年の全斗煥政権当時に大統領の直接選挙制度を求めた民主化運動「6月民主抗争」以来となった。

100万人による大規模デモで逮捕者1名という平和行進

 しかし、今回のデモでは、かつてのような混乱は見られず、逮捕者はわずか1名だけに留まった。大統領府に最も近い800メートルという位置にいたデモ隊の中には、さらに先へ進もうと警察の警備車両によじ登る者もいたが、デモ参加者側から「平和なデモを行おう」「警察も市民もけがをしないでくれ」という声があがり、警察もデモ隊を刺激しないように落ち着いた声で「申請したように整然と行進してほしい」と呼びかけた。

 昨年11月にあったデモの際には、デモ参加者が警察車両をロープで移動させようとしたり、レンガや鉄パイプで窓ガラスを壊し、警察の方も放水車や催涙弾で鎮圧にかかり、デモ参加者の1人が重体(317日後に死亡)、29人が負傷、51人が連行されるという過激な闘争が繰り広げられたのとは一転して、今回のデモは平和な市民参加型のデモとなった。

 これは、これまでが「成果年俸制廃止」「独裁政権打倒」といったスローガンで政府や政府の政策批判などをする労組主導のデモだったのに対し、今回は一連の疑惑を引き起こした朴大統領への怒りが市民を動かし、「박근혜퇴진(朴槿恵は退陣せよ)」と朴大統領の辞任に焦点に絞った形で行われたことが、100万人による平和なデモという奇跡を実現したと見られている。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部