アメ車を代表する高級車のキャデラック(GMジャパンのHPより)

写真拡大

 劇的な幕切れとなったアメリカ大統領選挙。勝ったのはビッグアメリカ、ストロングアメリカの夢ふたたびと訴えるドナルド・トランプ氏だった。

 トランプ次期大統領はTPP(環太平洋経済連携協定)について、批准するかどうかも含めて全面見直しすることを明言しているが、選挙中、槍玉に上げていたもののひとつが自動車だ。マスメディアがアンチトランプキャンペーン一色だった中で、「牛肉に関税をかけるのなら同じだけ車に関税をかけてやる」という発言はしばしば取り上げられた。

 もしトランプ氏がその強硬な態度を崩さないのであれば、ビル・クリントン元大統領時代の日米貿易摩擦の再燃すら懸念される。関税アップを人質にして求めてくるものは何か。現在、100%子会社が多い日系メーカーの株の公開を迫るかもしれない。アメリカ製の日本ブランド車の輸出を増やせと言うかもしれない。

 が、単なるバイアメリカンだけではすみそうにない。トランプ氏は選挙戦中、ビッグスリーの拠点であるミシガン州で、アメリカの自動車メーカーを再興させると言って支持を集めた。そのことに鑑みるに、単なるアメリカ製自動車ではなく、ビッグスリーの、それもアメリカ製の車を買えという“無茶振り”を吹っかけてくる可能性も十分にあるのだ。

 アメリカと日本では道路事情や燃料価格、税金など、車を所有し、走らせる環境がまったく違う。その日本でアメリカの、アメリカによる、アメリカのための車が果たして売れるものなのだろうか。

 日本の自動車産業が急速に力をつけた1980年代以降の実績を見るかぎり、アメリカ車は3勝100敗くらいの勢いで日本の顧客から拒絶されてきた。旧来のアメリカブランドといえばキャデラック、ビュイック、ポンティアック、シボレー、フォード、リンカーン、クライスラー、ダッジ、ジープなど。この中で継続的にある程度のブランドイメージを確立できたのはジープだけで、後はほぼ忘れられた存在である。

 それでも1990年代には、アメリカ車を積極的に売り込む動きもあった。前述の日米自動車摩擦の際、トヨタ自動車はバイアメリカンの要求に応える形で提携先であったGMのシボレー「キャバリエ」をトヨタブランドで販売したことがある。

 キャバリエは2.4リットルエンジンを積んだ3ナンバーサイズの大衆車。右ハンドル化はもちろんのこと、通常は左側にあるウィンカーレバーも日本式に右側に付け替えるなどの大改修を加えた。

 また、そのままのクオリティではとてもトヨタでは扱えないということで、輸入された車をトヨタが1台ずつ検査し直した。販売価格は100万円台と、当時の輸入車マーケットの中では超格安。CMにはアメリカの自動車文化の伝道師的な存在であった所ジョージ氏を起用。当時、海外モデルの輸入販売の雄であったヤナセも呆気に取られたほどの総がかりでアメリカ車の販売に臨んだのである。

 その努力も空しく、キャバリエはまったく売れなかった。アメリカ市場では低所得層のためのお買い得セダン&クーペにすぎず、日本でわざわざそれを選ぶ意味はまったくと言っていいほど見当たらなかったからだ。トヨタは律儀にも、不人気で売れないにもかかわらず一定数を輸入。結果、トヨタ系の中古車ディーラーには100万円を切る価格でキャバリエの“新古車”が大量に並んだが、それでも売れ残る有様だった。

 同じ時期、クライスラーは日本車キラーという触れ込みで開発したコンパクトカー「ネオン」を、これまた日本に大々的に持ち込んだが、キャバリエに負けず劣らず悲惨な結末を迎えたのだった。

 このように、アメリカの自動車メーカーにとって、日本市場は鬼門中の鬼門。今年の秋にはフォードがついに日本市場から全面撤退。今年の1〜10月の累計販売台数で何とか格好がついているブランドは、7779台を売ったジープだけだ。

 果たして今後、トランプ氏をある程度満足させるだけ、日本でアメリカ車が売れることはあり得るのだろうか。

 その答えはNOだ。一般に、輸入車業界ではよく、世界販売の1%、巨大メーカーで0.5%くらいは売れないと、その市場でビジネスをやる意味は薄いと言われている。世界販売が1000万台近いGMにその法則を当てはめると、年5万台くらいは売れてほしいところ。これはメルセデス・ベンツ、BMWなどと互角の数字で、到底非現実的である。

 が、そこまで行かずとも、ひとまずアメリカのメンツが立つレベルの台数を目指すということであれば、話は違ってくる。

 日本では、品質の低さや燃費の悪さといった過去のアメリカ車の低いイメージが定着してしまっている。また、調査機関の顧客満足度などのリザルトも低いため、今日のアメリカ車、なかでも中・上級クラスのモデルの出来が急速に良くなっていることはほとんど知られていない。

 ふとした機会に今どきのアメリカ車に触れると、イメージと実物のギャップに驚かされる。筆者もアメリカブランドのモデルに乗る機会はまれなのだが、一昨年、日本で比較的手堅く売れているジープのSUV「チェロキー」をドライブした時、そういう驚きを覚えた。

 高速道路、一般道とも乗り心地は驚くほど滑らかで、静粛性も抜群。そして、272馬力を発生する新鋭の3.2リットル直噴V6エンジンと9速ATの組み合わせが功を奏してか、高速道路を速い流れに乗ってクルーズしたときの燃費は13km/リットル近くと、日本の大型SUVと比較しても最良の部類に入るスコアだった。

 こういう商品性の改良が行われているとなると、アメリカ車は日本車や欧州車とも異なる独特の魅力を訴えられるだけのポテンシャルは人知れず高まっているとみることができる。

 たとえばキャデラック。最近はアメリカンブランドは東京モーターショーにも出品しなくなったため、一般人の目に触れる機会はほとんどなくなってしまったのだが、セダンモデルの「ATS」「CTS」はアメリカ人の考える高級車らしいこってりとした雰囲気の革と木目のインテリアを持っている。

 近年、車の基本部分であるプラットフォームを刷新したことで、乗り心地が良いだけでなく、走りの性能も抜群に高くなった。加えて、望めばATSで470馬力、CTSでは実に649馬力という、日本製モデルにはないような“アメリカンマッスル”的エンジンも選択できるのだ。難点は左ハンドルしかないことだが、不便を押してでもアメリカのエキゾチックさを味わいたいという顧客には、かなりの訴求力を持っているのだ。

 キャデラックだけではない。撤退してしまったフォードを含め、今日のアメリカの乗用車を見ると、正気かと思うくらいの出力を持つエキゾチックカーがゴロゴロある。ハイパフォーマンス領域では今や600馬力超えは普通で、今や700馬力、ないしそれ以上の領域で戦っている。もちろん一品モノのスペシャルモデルではなく、れっきとしたカタログモデルだ。

 が、このような新世代アメリカ車の魅力を日本の顧客にポジティブに見てもらうためには、是正が必須な問題がある。それは価格だ。

 キャデラックの場合、販売台数が全モデル合わせて1か月に100台にも満たないということもあって、日本での販売価格はアメリカよりはるかに高い。今日のヨーロッパ車が、本国価格に対して意外なくらいに内外価格差が小さいのと比べると、大違いである。高級車は高いことに価値があるとする商慣行があるが、安いものを高く売るというのでは成功は覚束ない。まずは値段をアメリカ水準にできるだけ近づける努力をすべきだ。

 もう一点は販売網。キャデラックの場合、正規販売店は全国で18店舗しかない。これでは車の良し悪しや好き嫌いを判断する前の段階で選択から外れてしまう。

 トランプ氏は日本に車の製造と販売の分離を進めるよう圧力をかけてくる可能性があるが、その国の辿ってきた歴史を無視した要求をしても、それは大抵うまくいかない。日本で商売をする気があるのなら、何とか自前で工夫する姿勢をアメリカ側も見せるべきだろう。

 果たしてトランプ政権誕生で日本の自動車市場に変化が生まれるかどうか。通商政策が固まっていない今の段階ではすべてが未知数だが、異文化を感じさせるモデルが増えるというのなら、顧客の車離れに悩む日本の自動車業界はむしろ歓迎する可能性もある。今後の動向に注目である。

●文/井元康一郎(自動車ジャーナリスト)