名前が読みづらく取材陣の対応にも変化

写真拡大

 女子ゴルフ日本ツアーは、イ・ボミ、申ジエら韓国勢が賞金ランキング上位を席巻。日本人の賞金女王は2013年度以来、生まれていない。その構図を一変させそうなのが、“女子高生ゴルファー”たちだ。その実力は折り紙付きなのだが、ちょっと戸惑ってしまう「名前」の持ち主ばかりなのである。

 今年、プロのトーナメントで活躍著しいのが、2000年前後に生まれた10代ジュニアゴルファーたちだ。ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏はこういう。

「この世代が強い理由は複数あります。日本女子プロゴルフ協会がアマチュアにプロ大会への門戸を開くようになって経験を積める場が増えましたし、単位制の高校が増えて大会に参加しやすい環境も生まれました。

 また、アマチュアのナショナルチームのメンバーに選ばれると専属コーチがつく上に、メンタル面でも専門家の指導を受けられます。日本人の女子ゴルフでは、今や高校生の世代が最も強いといっていいでしょう」

 実際、毎週のようにプロのトーナメントでアマチュアの女子高生ゴルファーが上位に絡んでいる。

 10月末の「樋口久子三菱電機レディス」では、1999年生まれの稲見萌寧(17)が8位タイに入ってベストアマとなった。日本人では3番目のスコアだから大したものだが、問題はその名前である。

「萌寧」──。はて、なんと読むのか。

 正解は「もね」である。

『睡蓮』などの作品で知られるフランスの印象派画家・モネが由来かと思いきや、ゴルフ担当記者はこう説明する。

「『もね』という名前は、“有名になった時に世界中の人が覚えやすい響きにしたい”と考えて母親がつけたそうです。ちなみに画家のモネは関係ないとのことです。本人は『萌寧』という漢字をあてた理由までは知りませんでしたけど(笑い)」

 本当に「Mone」という表記が海外で読みやすいかはさておき、この年代の選手たちの名前はとにかく一風変わっている。

◆由来は「NASA」

 今年、アマチュアとして史上初めて日本女子オープンを制したのが17歳の畑岡奈紗だ。名前の読みは「なさ」である。

「アメリカ航空宇宙局『NASA』から名付けたそうです。両親は、“前人未到のことを成し遂げ、世界で活躍してほしい”との願いを込めたといいます。世界に照準を合わせると日本では馴染みのない名前になる……ということでしょうか」(別のゴルフ記者)

 日本女子OPで活躍したアマチュア選手は他に6位タイの西村優菜(ゆな、16)、25位タイの佐渡山理莉(りり、16)、49位タイの吉本ここね(16)などがいる。予選落ち組に目を転じると、河野杏奈(あんな、17)、瀬賀百花(ももか、17)、山口すず夏(すずか、16)、関野愛美(あみ、18)あたりは読みやすいほうで、小滝水音(みお、18)、宮田成華(なるは、19)となってくるとかなりの“難読”である。

 そんな名前ばかりなので、最近では試合後の取材で記者たちがその由来を聞くのが恒例となっているという。

「日本女子OPで3日目に首位に立ったのは2000年生まれの長野未祈(15)ですが、『みき』ではなく『みのり』と読みます。由来は“未来を祈る”とのこと。『なさ』も『みのり』も、中嶋常幸が指導するヒルズゴルフ・トミーアカデミーに在籍し、実力は確かです」(同前)

 日本女子OPはその名の通り女子ゴルファー日本一を競うメジャー大会だから、トップ争いに絡む彼女たちが「最強世代」と評されるのもうなずけるが、記者泣かせの存在でもある。

「会場のプレスルームで記事を書いていても、パソコンが一回で正しく変換してくれることはまずない。

 あと、呼び掛ける時も気を遣う。これまでジュニアは下の名前で“××ちゃん”と呼んで親近感を出すのが業界の慣例でしたが、読み方を間違えると気まずくなるので、最近は名字で“○○さん”と呼ぶようになった」(専門誌記者)

※週刊ポスト2016年11月18日号