ベイルのミドル弾で先制も終盤のミトロビッチ弾でウェールズ逃げ切り失敗《ロシアW杯欧州予選》

写真拡大

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第4節ウェールズ代表vsセルビア代表が12日に行われ、1-1で引き分けた。

▽先月行われたジョージア代表戦を1-1で引き分けて1勝2分けスタートとなった3位ウェールズ(勝ち点5)と、オーストリア代表に3-2と打ち勝って2勝1分けとした首位セルビア(勝ち点7)の一戦。

▽試合はベイルやラムジー、ジョー・アレンを擁するウェールズが中盤での構成力で上回り、ポゼッションして押し込む展開となる。10分にはベイルの右足ミドルでゴールに迫った。

▽一方、マクシモビッチ、イバノビッチ、ナスタシッチらで形成する5バックを自陣に敷くセルビアは、コスティッチのスピードを生かしたカウンターで応戦。17分には左CKからイバノビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、テイラーのゴールライン上での好クリアに阻まれてしまう。

▽ショートカウンターを狙うセルビアは続く27分、コスティッチのミドルシュートでゴールに迫ったが、ウェールズが嫌な流れを一掃する。30分、ロブソン=カヌがナスタシッチからボールを奪ってベイルへパス。ペナルティアーク右で受けたベイルは左足で振り足の鋭いシュートを放つと、GKの手を掠めてネットに突き刺した。

▽勢いに乗ったウェールズは33分、ベイルの左クロスにロブソン=カヌがヘディングで合わせる決定機を演出するも、枠の右に外してしまう。ハーフタイムにかけてもウェールズが主導権を握る中、前半を1点リードして終えた。

▽迎えた後半は50分にベイルの縦に落ちる直接FKでGKを強襲したウェールズに対し、前半とは一転して追うセルビアがボールを保持していく。しかし、自陣で集中した守備を敢行するウェールズを全く崩せない状況を強いられた。

▽逆に終盤はカウンターを浴び、85分にはベイルに左ポスト直撃のシュートを浴びてしまう。それでも助かったセルビアは直後、右サイドからのルカビナのクロスにミトロビッチが頭で合わせてゴール左へ流し込み、1-1に持ち込んだ。このまま試合は終了。アイルランドにかわされて2位転落となったもののセルビアが勝ち点1を持ち帰り、ウェールズは2位浮上を逃す結果となった。