写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦 ドバイ)は現地時間の11月10日、同社の旅客機に関してエアバスA330とA340の退役を終え、エアバスA380とボーイング777に統一したことを発表。全てをワイドボディ機にすることで、乗客に優れた環境を提供するとともに環境性能の向上を目指している。

同社はA330を29機保有していたが、このほど、最後のA330-200(A6-EAK)が退役となった。A6-EAKは2002年に導入され、14年半で約4,500万km/飛行時間6万時間以上を記録。この距離は、地球と月を約60往復に相当する。A340-300に関しても最後の機体(A6-ERN)も退役となった。同機は1999年に製造され、2004年に導入されたものとなる。

同社は2015年1月以降、A330を18機、A340を5機、計23機を退役。業界における標準の機齢が25年である中、これらの退役機は平均機齢が16.5年となっている。また、2017年〜2018年においてはさらに25機を退役させることを計画。同社機材の機齢は5.2年と、業界では最も若い機齢となっている。

新造機に関しては、2016年にA380が20機と777が16機を導入し、同社のA380は85機、777は160機となる。特に2016年11月に導入される777-300ERは、ビジネスクラスをアップグレードし、燃費効率が高いという特長がある。同社は現在、234機を確定発注しており、その内150機が、2020年より引き渡しを開始する777Xとなっている。