「THE REFLECTION」ティザービジュアル (C)Stan Lee・Hiroshi
Nagahama/THE REFLECTION

写真拡大

 アメコミ界の巨匠スタン・リーとテレビアニメ「蟲師」の長濱博史監督が原作を務めるアニメ「THE REFLECTION」のティザービジュアルや新プロモーションビデオ、メインスタッフが、米ロサンゼルスでこのほど開催された「STAN LEE’S L.A.COMIC CON 2016」のステージで発表された。

 同作は、「スパイダーマン」や「X-MEN」などの原作者として知られるスタン・リーが率いるPOW! ENTERTAINMENTと、日本のアニメ制作会社スタジオディーンによる日米共同制作作品となる。「リフレクション」という現象により、各地でスーパーパワーを持つ人間が生まれた世界を舞台とし、「リフレクション」が起こった理由や目的など、多くの謎を抱えたまま激動する世界の様相が描かれる。

 なお、本作の音楽プロデューザーは、1980年代のポップミュージックシーンに多大な影響を与え「80’sを生み出した男」と讃えられるイギリスのミュージシャン、トレバー・ホーンが担当。またキャラクターデザインには、「蟲師」で長濱監督とタッグを組んだ馬越嘉彦が熱烈な要請を受けて参加。このほか、劇中歌を「STAR DRIVER 輝きのタクト」「マギ The kingdom of magic」「となりの怪物くん」の主題歌も歌った4人組ガールズユニット「9nine」が担当することも明らかにされた。9nineのメンバーは、悪と戦う日本の女子高生ヒーロー役で、アニメキャラクターとなって劇中にも登場する。

 「THE REFLECTION」は2017年に世界同時配信予定。