11日、網易新聞によると、浙江省杭州市の地下鉄駅前で制服姿の少女が「20万元で処女売ります」と書かれた貼り紙の前に立ち、通行人の注目を集めた。

写真拡大

2016年11月11日、網易新聞によると、浙江省杭州市の地下鉄駅前で制服姿の少女が「20万元(約300万円)で処女売ります」と書かれた貼り紙の前に立ち、通行人の注目を集めた。

10日、西湖文化広場駅前で白の学生服(ジャージ)を着た少女が立っていた。少女は雲南省の高校3年生だという。少女によると、23歳になる兄が3年前に急性骨髄性白血病を発症。14年に借金をして杭州市の病院で自分の骨髄を移植したが、今年10月に拒絶反応が出てしまった。現在、杭州市内の病院に入院しているが治療費がないという。実家では父親は農業を営み、妹が2人いる。母親は杭州市で兄につきっきりだそうだ。

少女は数週間前にも兄の治療費を稼ぐため、地元の雲南省の街頭でトウガラシを1本1毛(約1.5円)で販売し、メディアに取り上げられていた。この時、赤十字会や一般人からの寄付などの支援があったが、必要な額には遠く及ばなかった。6日になけなしの金をはたいて杭州市を訪れ、初めは寄付を募るチラシを配ったが効果が薄かったため、小説をヒントに処女を売ることを思いついたという。

少女は多くの人の注目を集め、付近の道路が一時渋滞となり、警官が駆けつける騒ぎに。少女によると、警官は同情してくれたものの、「間違ったやり方だ」と注意されたという。なお、少女の行動について家族は知らなかったという。(翻訳・編集/北田)