政府は「週に2日の休肝日」と謳ってきたが……(shutterstock.com)

写真拡大

 ヒトは禁じられると、途端に我慢できなくなったり、諦めきれなくなったりする生きものだ。

 たとえば、定期検診前々日からの禁止条件、10時間前からの飲食禁止、さらに24時間早い「断酒」は妙にノドの渇きを覚えさせる。

 毎日1缶の晩酌程度の適量派でも、「断酒」を義務づけられた途端、無性に呑みたくなるから不思議だ。

 この渇きがもし、連日の飲酒習慣から生じる軽度なアル中の兆候だとするならば......。ふだんは気にもかけない事柄が、妙に気になったりもする。嗜む程度の飲酒派ならば、敢えて肝臓を休ませる必要はないのだろうか!?

知ってるつもりの「休肝日」とは?

 耳慣れているぶん、知っているつもりでも(そのじつ、認識も曖昧で)実践はしていない「休肝日」の三文字が気になりだしたりする。

 まずはその語源というか、皆が知らず知らずのうちに口にしている「休肝日」が、お役人発の啓発用語だったという事実をご存知だろうか?

 あれはそもそもが行政による造語である。厚生労働省の指針は「週に2日は休肝日を作りましょう」と謳ってきたが、元来は日々の飲酒量がつい適量越えしてしまいがちな人々や、毎日飲まずにはいられない方々に向けての政策標語が源流だった。

 通常、1日5合以上の酒類を1週間飲み続けると、肝臓の細胞内の脂肪量(脂肪肝)が増加する現象が確実に起きるとされる。また、適量の飲酒は「百薬の長」と呼ばれて死亡率を下げる効果につながるが、一週間の総摂取量が300g超だと一転して死亡率が上がるとするデータもある。

 300gを種別量に直せば、「日本酒2合」「ビール2本(中瓶)」「チューハイ3缶」「ワインボトル半分」「ウイスキーロック(ダブル)2杯」という塩梅となる。

 が、これを「7日間でたった中瓶2本分のビールだけなんて......少な過ぎない!?」と考えてはいけない。300gを「7日間-2日間(休肝日)=5日間」で割らないと話が進まないのだ。
2日間の禁酒は意外とツラい?

 ただ、どんな警告も聞き入れない飲兵衛派はいうに及ばず、発泡酒1缶を毎晩程度の適量派にとっても「毎週2日間」の断酒を義務づけられたら、素直には受け入れがたいもの。それこそ、前者ならずとも「休肝日の科学的根拠(エビデンス)は薄い」と語る医者陣のジャッジを支持したくなる。

 が、どうやら毎晩の飲酒でも適量の嗜み(日本酒換算で1合以内)であれば、休肝日を設ける必要なしというのが諸説の結論のようだ。毎日の場合、アルコール肝硬変のリスクは「3〜4日の人より3倍超」などの記述を読むとドキッとするが、要は「何事もほどほど」の部類だろう。

 そう胸を撫でおろしたら、今度は国連機関調査による盲点というか、想定外の新たな知見が目に飛び込んできた。パリで開催された世界がん会議(World Cancer Congress)の席上で発表された予備報告書の内容は、それこそ日本発「休肝日」の有意性を後押しするものかもしれない。

 同調査によれば、2012年に飲酒が原因で発生した新規がん患者の数は世界で70万人超、がん関連の死者も約36万6000人に上り、その大半を富裕諸国が占めたそうだ。

 つまり、飲酒による発症リスクは何も肝臓だけの問題ではなくがんまでも......であるならば、「休肝日」という秀逸な(?)造語でさえもがやがては死語と化すかもしれない知見である。

 休肝日が気になり、休肝日の認識を深め、(自分レベルでは)休肝日の必要なしと知る――それで一件落着と思った途端、道をふさぐように表われた飲酒=がんリスク説。なんだか、ふりだしに戻された気持ちがぬぐえない。

 折しも忘年会に向けて幹事諸君が会場取りに東西奔走する季節。「休肝日」の疑問がふりだしに戻された以上、酒断ちをめぐるあるある話も含め、時節ネタとしてこの問題をもう少し追ってみよう。 
(文=編集部)