ダークチョコレートはアンチエイジングの味方なのか?(shutterstock.com)

写真拡大

 1杯の温かいココアが美味しい今日このごろ。共にカカオを原料とするココアやチョコレートが、その美味しさだけでなく、「健康効果」で脚光を浴びていることはご存じの方も多いだろう。

 多くの学術的研究が、高血圧や心血管疾患、認知症などの予防につながると結論づけたことで、チョコレートは一躍「ダイエットの敵」から「アンチエイジングの救世主」へと変貌を遂げた。

 一方で「チョコレートなら何でも良いわけではない」「過剰摂取の害の方が大きい」と指摘する研究者もいて、一体どちらが正しいのかとわからなくなる。

チョコレートの成分「フラバノール」は中性脂肪を下げる

 それについて既存の研究を解析した結果、「チョコレートに含まれるカカオは実際に体によい」という新たな裏づけが得られたという報告が『The Journal of Nutrition』(オンライン版)に9月28日掲載された。

 発表したのは、米ブラウン大学(ロードアイランド州)のXiaochen Lin氏らの研究グループ。Lin氏らは今回、合計1131人の被験者にカカオの成分である「フラバノール」またはプラセボ(偽薬)のいずれかを摂取させた、19件の対照試験をレビューした。

 「フラバノール」とは、カカオに多く含まれる天然ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を有し、さまざまな健康効果が報告されている。特に最近では、記憶力を改善し、認知症を予防する効果が期待されるとして注目を浴びた。

 米国立衛生研究所(NIH)と製菓企業のマース社による研究、さらには米国心臓協会(AHA)と製薬企業のファイザー社による知見をレビューした結果、カカオフラバノールを含む食品を摂取した群では、中性脂肪の値が低いことが判明。

 また、炎症や血糖値をコントロールする能力の向上が示されたほか、「善玉」コレステロール値にもやや上昇がみられた。

 これらの差は「軽度〜中等度」であったものの、統計的に有意だった。また、被験者に肥満その他の健康問題があるなしに関わらず、同じ効果が示されたという。
通常のチョコレートには、ほとんど「フラバノール」は含まれていない

 では、チョコレートをどのくらい摂取すればこのような健康効果が得られるのか?

 今回レビューした研究では、フラバノール群の被験者は、1日166〜2110 mgのフラバノールを2週間〜1年間にわたって摂取していたという。

 しかし残念なことに、通常のチョコレート製品にはさほどフラバノールは含まれていない。通常の製法だと、カカオから製品を作る過程で発酵や焙煎などの処理により、「90%以上のフラバノールが失われてしまう」からだ。

 カカオ含有率が70%以上と高く、苦みの強いダークチョコレートでも、フラボノールの含有率は0.1〜0.5%程度。製品によってもばらつきがある。

 カカオが多いことが、必ずしもフラバノールレベルが高いことを意味するものではなく、今のところ含有量を評価する国際的な基準もない。

 仮に今回の被験者と同じくらいのフラバノールをチョコレートから摂取しようとすると、単純に考えて1日数十から数百グラムのダークチョコレートを食べねばならない。ましてやカカオ含有率が低くて甘いミルクチョコレートなら、もっと大量摂取が必要だ。

 そうなると当然、糖質や脂質過多によるデメリットの方がクローズアップされてしまう。

良薬口に苦し!体に良いチョコレートは食べにくい

 現時点でチョコレートの至適な摂取量についてはわかっていないが、ほとんどの既存研究は、砂糖が少ないか、まったく含まれていないダークチョコレートを対象としたものであったという。研究共著者のSimin Liu氏も「今回の知見を砂糖や脂肪分の量が異なる他のチョコレート菓子に一般化すべきではない」と指摘している。

 さらにある実験では、高濃度フラバノールを含むチョコレートを食べるのを拒否した被験者の割合は、80%以上にもなるという結果が出たそうだ。体に良いチョコレートは食べにくい。まさに「良薬口に苦し」である。

 では、どうすればいいか?

 米ルイジアナ州立大学栄養食品科学科の非常勤教授のJohn Finley氏は「カカオの効果を打ち消さないためには、無糖のカカオサプリメントを用いるか、健康によい食品にカカオを追加するとよい」とコメント。

 「オートミールにスプーン2杯ほどのココアをかけたり、エクストラダークココアを利用したりすると効果的だ」と勧めている。

 「高フラバノール」をうたうチョコレート製品もあるが、製造方法が特別なため、決してお安くはないようだ。アンチエイジング効果を期待するなら、今のところFinley氏のいうように、バランスの良い食事に「少しのチョコレートをプラス」という摂り方が最善ではないだろうか。

 体にいいからと言って、間違っても食べ過ぎることだけは避けたい。
(文=編集部)