原作ファンと評論家の双方から絶賛された『アイアンマン』 (c) Marvel

写真拡大

『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』シリーズなどは「マーベル・シネマティック・ユニバース」という一つの世界観を共有しており、『アベンジャーズ』シリーズなどではヒーローたちは作品の垣根を越えた共演を見せている。この“世界”からこれまで様々な人気作が生まれたが、今回はそのなかでも特に評価の高い5作品(※)をご紹介!

<strong>1位. 『アイアンマン』(08):94%</strong>
「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ第1弾で、アメコミブームの火付け役となった作品。ロバート・ダウニー・Jr.演じるアイアンマン/トニー・スタークは原作ファンと評論家の双方から絶賛され、マーベル作品の顔になった。

<strong>2位. 『アベンジャーズ』(12):92%</strong>
アイアンマンにキャプテン・アメリカ、ハルク、ソー、ホークアイ、ブラック・ウィドウなど人気キャラクターが集結したクロスオーバー作品。それぞれのヒーローの魅力がしっかりと描かれており、史上最高のヒーロー映画という評価も。

<strong>3位. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14):91%</strong>
『アベンジャーズ』や『アイアンマン』と比べると原作の知名度は低いが、宇宙を舞台にした壮大なるアクション・アドベンチャーに特に若い世代は大興奮。“新しい世代に向けた『スター・ウォーズ』”と称されており、続編の制作も決定している。

<strong>4位. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16):90%</strong>
アイアンマン、キャプテン・アメリカというマーベルを代表する2人の対立、そして最強の“アベンジャーズ”をニ分する“禁断の戦いシビル・ウォー”が描かれた作品。シリアスでダークなドラマとユーモア、アクションが上手く融合された高い完成度を賞賛する声は多い。

<strong>4位. 『ドクター・ストレンジ』(16):90%</strong>
日本では2017年1月27日に公開される本作だが、既に公開されているアメリカでは絶賛を浴びている。不慮の事故で両手の機能を失った天才的な外科医が、魔術を得て、強大な敵との戦いに挑む姿が描かれる。ストーリーが非常に高い評価を受けている。

※アメリカの人気レビューサイト「Rotten Tomatoes」の批評家のスコアから順位付け(2016年11月11日現在)