3得点をマークする林雅涵(左)=中華民国サッカー協会提供

写真拡大

(台北 12日 中央社)女子サッカーの東アジアカップ2次予選は11日、香港で行われた。台湾はグアムを8−1で破り、開幕から無傷の2連勝とした。

8日の初戦で香港に5−0で快勝した台湾。この日も台湾原住民(先住民)タイヤル族出身の林雅涵が3得点をマークするなど、優れた攻撃力で試合を優勢に進めた。

14日の最終戦では、来年12月に日本で開かれる本大会への出場権をかけてともに2勝している韓国と対戦する。

国際サッカー連盟(FIFA)が8月末に発表した最新の女子世界ランキングでは、台湾は38位と、韓国の19位を大きく下回っている。日本代表「なでしこジャパン」は8位だった。

(李晋緯/編集:羅友辰)